ゆるゆるり

noise&randomness

才能や状況の私的利用の禁止

どうしてもできないことはあるもの。
たんに、『出し惜しみをしない』で生きていると、いつの間にかそれなりの地位や収入を得て、
増長してしまった挙句に、人間関係を拗らせてしまう。

偉大な人を見ていると、仕事そのものを楽しんで、『才能や状況の私的利用の禁止』をしているかのように見える。

この四五か月

十一月は、三度ほど外に出て、整体とスーパー銭湯と、役所に行って、健康保険などの手続きをした。
十二月は、三度ほど出て、女子文具展と、スーパーに言った。
一月は、一度も外に出なかった。
二月は十四日の夜にスーパーに行ったが、これが今年初めての外出だった。
三月は、三日に五美大展へ行って、今年になって、初めて昼間に出た。
八日にハローワークに行ったが、一年未満でやめたから、手続きが取れなかった。

小説を書き終えてしまって、知っている編集部に送って、さで、何をどうしたものか。

心の底、手向け

何であれ、いつかは飽きる。
道楽も仕事も人間関係も。
反省も後悔さえも。
人生の躓きに、それを越える歓びで忘れる事が出来ぬのなら、
そうして、思い出を薄めてゆくしかない。

f:id:CheatCut:20190306205057j:plain

 

五美大展

昨日は、六本木の国立新美術館へ『五美大展』を見に行ってきました。
多摩美術大学女子美術大学東京造形大学日本大学芸術学部・武蔵野美術大学が合同で卒業制作を展示していました。
学生の人たちの自由な発想に加えて、絵画、立体、映像など、いろいろなジャンルを見られるのも好きです。

※以下、写真です。重めです。 続きを読む