CheatCut.hatena

noise&randomness

仕事の学校

なぜそれをやらなくてはいけないのか。 答えを出すのではなく、問題を提起する。 仕事の先回り 別にお茶だしだの、机を綺麗にしておくだのという話ではなく、仕事の先回りということがあって、自分がまだ経験したことのない仕事を引き受けることになった場合…

読書力

ルロワ=グーランの身ぶりと言葉 (ちくま学芸文庫) を読む。これはおもしろいと、他人にも勧めたくなる。そこで、ふと思う。思い浮かんだ人のうち、この本を自分のように興味深く読める人は、全員ではあるまい。 本を面白く読むにも、「読書力」と言ったもの…

いつか消えそうなモノたち

いつか消えそうなモノたちは、あるものです。 気付くたびにメモしようかと思います。 蝋石 三文判 虫すだく 紙の辞書 人に生まれた以上、との考え。

Twitterはじめました。

Twitterはじめました。 @ CutCheat よろしくです。

民訴族学漫談第31回*宗教とサブカルチャー

前に、 民俗学漫談*宗教のサブカル化 - CheatCut.hatena という漫談をしましたが、今回は、宗教とサブカルチャーについて、漫談をします。 サブカルチャーにおける「聖地巡礼」の現象 漫画やアニメに、現実の宗教施設が登場したり、神仏が登場したりします…

終わったのに、時間は過ぎてゆく不思議。

8月15日的な気分。

ようやく、小説が仕上がった。 とりあえず、早稲田文学に送る。 今日から、何をするんだろう。

最近

好い天気が何か月も続いている気がします。 零時に寝ても五時に寝ても昼まで寝ている。

お知らせ的な

年内の更新はしないような気がします。 小説を書くので。

東京日記

明治神宮の井戸にとびこんだ話 原宿駅で電車を降りて 明治神宮の大鳥居の真んなかをくぐった 鎮まった砂利道を歩いていたら 耳をつんざく音がして 三機の飛行機が急降下した 降りて来ると思ったらおれれ目がけて飛んで来た 恐ろしくなって 近くにあった加藤…

民俗学漫談第30回*七夕

一年には二度の区切りがある 年中行事には、神様にお願い事をするイベントがあります。 願いという漢字は、頭が大きくなるところをかたどったものらしいですね。 共同体の願いは、祭でかけられますが、個人的な願いはどこでしますか。 まず、初詣があります…

民俗学漫談第29回*炭素原子

ネットワークについてです。 ネットワークは、何かと何かを結ぶものなんですが、AとBを結ぶ。 これでは、いわゆるホットラインであって、ネットワークとは呼びません。 では、AとBとCを結んでみる。 AとB、BとC、CとA。 これでネットワークになったんでしょ…

民俗学漫談第28回_現代音楽

現代美術 現代美術もサブカル化しているように見えます。端ばかりつついて、中心がない。 個人的に現代美術はおもしろいと思うんですよ。参加してみたいくらいで。 でも、メインカルチャーとしての美術がどうも前面に出てきませんね。 美しいもの、崇高さで…

漢字を想う

たのしい 楽しい 頭の中ではひらがなの方が楽しいと思ったが、並べてみると漢字のほうが楽しそうだ。楽の成り立ちは、楽の音からきているとおもうが、踊っているように見える。

いまだに専門がない。

自分の知識に曖昧さを残す。 曖昧にするために読書をするようなもの。どんどん雑種化してゆく気がする。 物語というのは、因果関係を示すことで成り立っている。何か出来事が起きたり、登場人物が目的を持って行動したりするときに謎が示される。解きたがる…

民俗学漫談*映画

映画と祭 映画ができてから、カーニバルの昂奮がなくなりました。 映画で昂奮するわけです。カーニバルよりも安全ですからね。 映画の形式は、演劇の舞台と同じですね。同じ構造を持っています。 演劇は、祭の再現ですから、映画もその構造を継承している以…

民俗学漫談*学校の形式

学校という代わりを作り出すシステム で、そんなわけで、近代以降、国民国家の成立に合わせて学校を作りました。 その学校という場を作るのに、用いたモデルは、別に寺子屋じゃありませんよ。あれはコンテンツは参考にしたんでしょうが、形式は違います。 学…

民俗学漫談*学校の成立

学校という制度の先鋭化が一つの物に集中させる 学校で、同じ考え、同じ価値観を押し付けて行ったら、皆同じ考えになるでしょう。 言わずもがなで、それが第一にあります。 それよりも深いのは、「仲間外れ」を怖れる心理をあの場が植えつけているからです。…

民俗学漫談*売れるものの集中

便利なメディア 小説が売れない。と。私の話じゃないですよ。 全般的な話です。 小説が売れない、イコール、読まれない。と言うことにすると、まずは、今は、自分を表現する手段、自分の内面を探る手段が増えて、優秀な人たちが文学の側に入ってこなくなった…

民俗学漫談*年神とサンタクロース

時間的なよみがえり 神社に参拝することは、魂のよみがえりを意味しますが、その空間的なよみがえりの場とともに、時間的なよみがえりの時があります。 そう、正月です。 大晦日から正月に変わるときは、世界が生まれ変わる時なんですよ。 だから、みんな、…

民俗学漫談*神饌

今回の漫談は、神饌(しんせん)です。お供え物ですね。 民俗学漫談のポリシーとして、細かいことを言っても仕方がない。 お供え物のバリエーションを伝えるのが目的ではなくて、お供え物とは、何なのか、それは、どういう行いなのか。ということを漫談します…

民俗学漫談*宗教の世俗化

宗教の世俗化ということがいつの時代にも言われていますが、こんなのは、「最近の若者は」という話と同じです。 宗教は、聖なるものを世俗化したものなんだから当たり前です。 そんなことはわかっているんですよ。 判っている上で、のっていくわけだから。 …

民俗学漫談*マレビト

今回は、思い出話をします。 中野新橋の駅から十分少々歩いたところに「川島商店街」という商店街があります。長さが一キロくらいですかね。端の方は、大江戸線の西新宿五丁目駅の方も近い。いったいいつごろかあるのか調べたことはありませんが、私のこども…

民俗学漫談*蕩尽のバリエーション*ハロウィン

蕩尽とは 蕩尽(とうじん)。民俗学のキーワードの一つです。 浪費の事なんですが、浪費だと、無駄遣いという意味ですね。ほしいままに費やす。ちょっと弱い。浪費家なんていう言葉もあるくらいで、まだ、日常や人間の域を出ない。 蕩尽だと、これはもう湯水の…

民俗学漫談*バレンタインデー

バレンタインデー。ありますよね。 日本では、年間の二割があの日に消費されるらしいですが、もとは、聖ウァレンティヌスの日です。ちなみに、ウァレンティヌスは、実在したか微妙なので、聖人に祀られてはいません。 このウァレンティヌスさん、恋人たちの…

小説;自己忘却セミナー

一 夕方五時の放送が響く。破(わ)れたスピーカーの音に続いて、夕焼け小焼けの曲が流れる。 「何だあの音は!」と男が撥ね上がった。 「何だって、五時だろ」 相手の男はちゃぶ台を挟んで答えた。こちらは心持鉤のある鼻を、スポーツ新聞に向けたままである…

短い小説:幻花燈ーまぼろしのはなのともしびー

good to the taste 蒸篭の縁にからしを塗り添えて肉まんを食べていたら 同じ様に蒸篭に入って肉まんの向うに控えていたあんまんが「たまにはおれにもからしを塗ってくれ」と云う 肉まんをつまむ手を休めて あんまんに眼をやった 「くれ、くれ」 「あんこにか…

小説;『ブラボー親爺』  

『徒久゛多煮』と太く勘亭流で書かれた行燈が軒先にかかる。木枠のガラスケースには佃煮が並ぶ。佃煮に挿してある薄板には価とともに、『あさり』や『うなぎ』と書かれてある。くつがえった札が二枚ある。 店の奥、上がった六畳間にはちゃぶ台を差し挟んで親…

小説:Z(ツェット)氏のけしき

Z(ツェット)氏のけしき 一 坂の上にベンガラ色をした三角屋根の家があって、庭に植えた桃や梨の木が、黄色い物干台の高さまで伸びている。 日曜日、Z氏が物干台に立って洗濯物を干していた。 長四畳くらいの物干台には物干し竿が一本渡してある。 空は澄ん…

個人的な小説のルール

Master your instrument Master the music.And then forget all that bullshit and just play. -Charlie-Paarker- 小説が自分にとって、何のために存在するのかを知る。その目的に適っている事を書き、叶っていない部分は外す。自分が書きたい様に書くのでは…