CheatCut.hatena

noise&randomness

メディア

motion grafic

motion grafic 日本語に訳すと、遷し絵だろう。Motion graphicsは。移ろう絵。 Graphic designがlayoutなら、motion graficはcontrol 小説と、デザインと、映像の共通点。カメラの単一性。どこを見せたいのかを何を見せて、何を隠したいのかを作者が決める。…

Design

「デザインの目的は―建築であれ、ヴィジュアルデザインであれ、プロダクトデザインであれ、いずれのデザインであっても、すべて環境形成である」マックス・ビル 見やすさ、伝わりやすさばかりではなく、designそのものの力、と言っても、designの力で問題を…

勝手に広報―大学編―

受験生を増やしたい 今時、大学は都心に近い校舎をビルにすれば受験生は増える。しかし翌年下がるところもある。効果はその程度。 今は、職員を新卒で採用していない所も少なくない。将来、学生数の低下を見据えている。その分、いまは職員が足らないから派…

広告について

今はともかく、昔は、コマーシャルばかり見ていた。 15秒でメッセージを伝えるというものが好きだった。 番組も5分番組が好きだったし。 今は、テレビを持っていないので、あまり見ないんですが、この間、広告年鑑を30年分見る機会がありました。 ナイキのC…

出版業界の縮小傾向について

出版の売り上げが下がっているみたいですね。反面、出版点数はそれほど減ってはいないらしいです。現代の人びと、ここで言う現代の人びとというのは、ざっと西暦2000年以降の人びとの事ですが、現代の人びとが情報を求めていながら、本は求めていない、とい…

民俗学漫談*スマートフォン

バーチャル共同体 皆さん、スマートフォンをお持ちだと思いますが。 スマートフォン。今やあれを通じて社会とつながっていくものになっています。手放せなくなっちゃいましたね。 以前の携帯電話やポケベルは限られた範囲の共同体や組織とつながっていました…

メディアを通して伝えるということは。

何を視覚化するのか? 文章で書いた場合の、どの言葉を視覚化するのか。 民俗学の説明にしろ、何にしろ。 偽薬も、私の言語感覚を視覚化している。視覚表現としての文字の可能性。文字というテクノロジーは、実は、「視覚化」のテクノロジーなんだ。文字の羅…

文学はすでになくなっているということを隠すために文学があるとしたら

たいていの人は、ことばとことばを繋げることに頭がある。 しかし、ことばとことばは、本来ぶつかるものである。 私が、映像でディゾルブやwipeを好まず、カットでつないでいくのは、映像と映像をぶつけているのである。本来、別のファイルになった時点でつ…

小説作法ではなく、書くことの行儀

詩。文学の一部門。風景・人事など一切の事物について起こった感興や想像などを一種のリズムをもつ形式によって叙述したもの。 広辞苑第六版より引用 私のは、詩ではない。 文学。(literature)言語によって人間の外界および内界を表現する芸術作品。詩歌・…

文学は物語ではなく、言葉

私は小説を書いたりしているが、本当に、小説を書きたいのだろうか。私の小説は、「エピソードをつらねているだけ」じゃないのか。 私が得意なのは何だろうと、考えた。自分のなかでの比較の問題でしかないかもしれないが、編集が得意だと思う。 文学に私が…

表現の技法。

文字が作り出され、表現が可能になる。本来は、勘定や技術の伝達のためのものであったはずの文字が、自分の意志や感情を伝えるために用いられる。揺らぎかかった権威を正当化するために、神話を書き残す。抱えきれぬ感情を吐き出すために歌にする。 更に小説…

文学というテクノロジー

この間、「テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか? 2014 ケヴィン・ケリー 訳服部桂」という、テクノロジーについての読み物を読んでいたんだけど、文学もテクノロジーの一種とみてみるのはどうか。 文学が成立する以前に、文字と言うテクノロジーが現…