読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CheatCut.hatena

noise&randomness

自分の特殊な「欠点」は何なのか。

人は、こどもの頃は、自分がいわば、世界の中心にいると思い込んでいる。それが成長するにしたがって、世界の中心ではなく、世界を作る一員としての考えに移る。 この、考えとしての天動説から地動説への移行が、大人になるということであるが、これが、悪い…

状況は把握しきれない。

「もうちょっと頑張れたはず」と、常々思う。「もうちょっとうまく選んだら」と今になって悔やむ。しかし、これが、bestだとしたら? そもそも、bestもworstもなく、これしかなかったんだとしたら? 「これが実力」うんぬんの前に、実力も何も関係なく、この…

転職しよう。

朝のラッシュをかいくぐり、仕事場に着く。9時に労働がスタート。5時に向かって、時刻のカウンターが減っていく感じ。今の仕事は、非正規雇用だから、いくら頑張っても、出世するわけでもないし、スキルアップの見込みもない。他の人に追いつこうという気も…

己に迷うて物を逐う。

後になってから、「あの時はよかった」と思い返す。「あの時は何でよかったのか」と思う。同じ状況を望むにつれて、「これがよかったのか」、「あれがよかったのか」と思いをめぐらせ、やってみる。しかし、上手くいくはずはない。既に状況が違うから。舞台…

頭に迷うて影を認(と)む。

仕事は仕事、プライベートはプライベート。として、分けられるのも、そういう能力があってのことだと思う。私は、そのようなたぐいの実力を持ち合わせておりませんで、仕事が終わってから何かやろうとしても、本を読むか、飲みに行くかくらいしかできません…

本を読めば頭は良くなるのか。

4月になって、風邪を引いて、気分が沈んで、何もやることがなくて、四月の後半から、仕事のあと、八時半まで大学の図書館で本を読みだした。そこに図書館があるから、読んだだけで、勉強家とか、努力していたわけじゃない。はじめは、3月までの続きで、デ…

GシャツTパン

ホワイトカラーのシャツを着れば、ボタンの一つがとまっていないのは、私の能力に対して、ボタンの数が多すぎるから。スラックスの後ろのポケットからタグが出ているのは、財布などを出し入れするところにタグがついているから。かつて神職をしていたときに…

むだに買う*むだに使う

たまに映像を作ったり、デザイン的なことをやっている。作るのは、たいてい仕事場で。家のPCは5年前に買ったもので、当時としても普及機であった。現在の映像編集ソフトを動かすのはつらい。そもそもインターネットも家ではやっていないし、スマートフォンも…