読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CheatCut.hatena

noise&randomness

文学というテクノロジー

この間、「テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか? 2014 ケヴィン・ケリー 訳服部桂」という、テクノロジーについての読み物を読んでいたんだけど、文学もテクノロジーの一種とみてみるのはどうか。

文学が成立する以前に、文字と言うテクノロジーが現われたわけだけど、これは、意志や知識の伝達のためのテクノロジーということになる。

文字によって、いわば空間が広がる。文字以前に言葉はあったろうけど、声に出してそれで終わり。目の前にいる人にしか伝えられない。

これをもどかしがって、文字ができる前に、物を残すことによって、伝達をしたと思う。例えば、石や木の枝を置いて。その置き方で。続いて、地面、そして洞窟の壁に模様を書き残すことを始めたはず。それがArt(技術)の始まりだけど、模様や絵じゃ、いまいち伝わりにくい。今でも、美術を見て、解説がないと何がいいのかわからない物もあるでしょ。

それで、記号を考えだした。これは何を意味する。あれは何を意味する。標識だね。木を刻んだり、縄の結び方によって何かを示す。

これで、その場にいない人にも意志は伝わる。ただ、標識は、一つの事に対して、一つの意味しか示せない。これでは、意志や記録は残せるだろうけど、知識を伝えづらい。

そこで、模様や絵から記号を考え出し、さらに、いわばブレイクスルーが起きて、文字が生まれた。文字は、組み合わせて使う。組み合わせるから、何通りもの「表現」ができるようになった。

これだよ、人類が発展し始めたのは。少ない手数で、ほぼ無限の伝達ができる。これが文字によって可能になった。

文字という、革新的なテクノロジーが生まれ、それが日本に伝わる。文字のなかった日本語に漢字という書き言葉、つまり文字を輸入して、書き残すことが可能になった。ただ、日本語と中国語では別の言語だから、中国語の書き言葉である漢字をそのまま日本で使うわけにはいかない。どうしたかというと、日本語の音に、つまりアイウエオに、一つ一つ漢字を当てはめるという、ある種、曲芸的なことをしたのである(正確には、一文字一音ではないし、二文字で一音を表したり、意味を借りて表すこともあった)。今で言えば、コンピューターで書くときにローマ字で入力しているが、それは、日本語の音をアルファベットに一度ばらした後に、日本語の文字(漢字、かな)に「変換」しているのに近い。これも、相当に曲芸的だと思うが、漢字を日本語の五十音(当時は50以上の音があったのだが)に一つ一つ置き換えて書き残したものが、いわゆる万葉仮名である。例えば、いろはを以呂波と書きあらわした。

万葉仮名は「仮名」であるが、使っているのが、漢字だから今の人から見るとややこしいけど、あくまで、今の「かな」として使われていた。

そのうち、漢字を丁寧に書くのが面倒になる。適当に崩して書くうちに、「もう、これでいこう」と言うことになり、カタカナ、ひらがなができる。また、既に、訓(意味)を用いていた。一音一音当てはめるのが、わずらわしいし、意味を取りづらいので、漢字の意味を日本語に当てはめていたということ。

つづきます。