CheatCut.hatena

noise&randomness

メディアを通して伝えるということは。

何を視覚化するのか? 文章で書いた場合の、どの言葉を視覚化するのか。

民俗学の説明にしろ、何にしろ。

偽薬も、私の言語感覚を視覚化している。視覚表現としての文字の可能性。文字というテクノロジーは、実は、「視覚化」のテクノロジーなんだ。文字の羅列は、視覚化と正反対のものだと考えられているが、それは、「視覚化」ということを絵や動画のイメージとして狭く考えていて、文字以外の表現として用いられている傾向にのっている。

文字だって、視覚表現だ。象形文字はもちろん、楔形だって、ある情報を視覚したものだ。bodyランゲージも視覚表現だ。

視覚表現として文字というテクノロジーを用いる。個別の文字を絵画表現と融合させるような手法ではない。現在存在している文字を「イラスト化」するということではない。物語を紡いだり、情報を伝えたり、理解を促すためにするということにほとんど「特化」している文字から、それらの役割を抜いてみる。偽薬を「読んで」理解する必要はまったくない。

グラフィカルなものも考えて、コピーを作る。みたいな。効果的なvisualtextをつくるということでもあるが。感覚を呼び起こすためので少し違う。

ことばの感覚。センス。

ことばの何が好きなのか。

間。

つらなり。

Visual。

物語は別の次元に属するもの。