読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CheatCut.hatena

noise&randomness

民俗学漫談*虚構の発生

自分の経験していないことでも、平気で語れます。人は。

人間の脳って、フィクション向きですよね。ファンタジー向きですよね。

ノンフィクションじゃないですよ。

うつろとうつつのスライダー

経験を語るってことは、記憶をもとにしてやるはずの物ですが、その記憶があいまいときてる。

それで、だいたい、虚実ないまぜになります。

虚構と現実の合間、ですよ。

うつろとうつつを行ったり来たりですよ。

要は、パーセンテージですよ。

一方にうつろが、もう一方にうつつがあります。

語りとは、その間のスライダーをどこに持っていくかなんですよ。

仕事はなるべくうつつの方へ。

飲んでるときはうつろの方へ。

こう、スライダーが動くわけです。

ただ、残念ながら、このスライダーは、人によって可動部に幅があるんですよ。

0から100まで、きっちりスライドできる人。ま、社会で立派につとめられる人ですよね。

さらに、世慣れた人と言うのは、スライダーがいくつもあっるんですよ。

イコライザーのように。

周波数によって、調整し分けるんですね。

ただ、たいてい。0から100は無理ですね。

だいたい、10から90くらいまでなんですよ。たいていの人は。

私の場合、うつつの方に50くらいまでしか行きません。うつろは200くらい行きますね。ゲージ振り切ってます。

普通は。普通の人は、仕事で、まじめにやりたい。嘘偽りなく、報告したい。そういう自分を見せたい。と、思って、スライダーを目いっぱいうつつの方に持っていきますと、10くらいのところで引っかかってしまいます。どうしても行かない。

さらに、部長に一言突っ込まれるたびに、スライダーがうつろの方にスライドしていきます。

すべて、受けるか、受けないかですからね。

より言うと、受け入れられるか、受け入れられないかです。

この、受け入れられるか、受け入れられないか、これは、人間が、言葉を獲得した時から始まっているはずなんです。

虚構は、自慢話から始まった

太古の時。

10万年前くらい?

たとえば狩り。そのころは、狩猟採集民しかいませんでしたからね。

狩りに行って獲物をしとめて帰ってくる。

その時に、ただ、黙って食ってるのは、かみさんと、子供だけです。

おやじは、必ず自慢話を始めます。

囲炉裏を囲んだら、必ず、昔話しを始めるでしょ。じいさんが。

決まってるんですよ。人間は。

太古の時から、脳がそういう鍛えられ方をしてるんですよ。

火はすでに使えてます。

獲物をとってきたら、火を囲んで晩餐だ。

ほんの、数時間前でも、昔話です。

おやじは、すでに、昔語りの手法を取り入れて語ります。

ホモ…ホモなんですかね。

ホモ・ルーベンスは、ホイジンガだ。

ホモ・サピエンスになる前ですよ。

ホモ・ファーベルとか、ホモ・エレクトゥスとか、そんな感じです。

その時代から、昔語りはあったはずです。

それで、おやじ、自慢話を始めます。

ところが、かみさんと、子供は食いつきが悪い。

肉を食うので精いっぱいですからね。おやじの話など食いついてられない。食ったら食ったで、眠たいし。

そこで!

おやじは、虚構を混ぜたんですよ。

最初、びっくりしたと思いますよ。

人間、生まれて初めて嘘をついたときって、相当なフィードバックがあると思いますよ。揺り返しと言うか。

そのへんが、初めての記憶の発生につながるんじゃないかと思っています。

それで、虚構を混ぜたホモ・ファーベルのおやじ。

自分で、あっ!と思ったはずです。

何だこれは。と。

これは、隣のおやじから聞いた話だ。

それを自分の話に混ぜ込む。

行けるのか? 行っていいのか? むしろ、言っていいのか? 言葉をこういう風に使えるのか? いってまえ。と。

はい、覚醒の瞬間です。ブレークスルーです。人間の脳がひとまわり大きくなりました。

虚構という目盛に、くっ、と行ったわけですよ。

50パーセントの壁を越えたわけですね。

虚構を混ぜて話したら、これが受けたわけですよ。

かみさんは、片づけの手を止めて聞く。子供はおやじの隣で目を輝かせる。

もう、おやじは、堪(こた)えられない。

期待にドーパミンが発生するわけですよ。聞く方も話す方も。虚構に対してドーパミンが。

こうなると、もう次の世代はホモ・サピエンスです。虚構を使いこなします。

その原始的な脳は、今の人間にもあります。

ちょっと奥に。