CheatCut.hatena

noise&randomness

民俗学漫談*スマートフォン

バーチャル共同体

皆さん、スマートフォンをお持ちだと思いますが。

スマートフォン。今やあれを通じて社会とつながっていくものになっています。手放せなくなっちゃいましたね。

以前の携帯電話やポケベルは限られた範囲の共同体や組織とつながっていましたけど。

スマートフォンは社会とのつながりですね。あそこから情報を得ています。

共同体に参加しなければ人間は生きていけない。外れる恐怖も知っている。必死になる。と。

「実力がある」人間は、権力者なわけで、その辺は昔と同じ。基本的に人間は安心して暮らしたいというのが本能としてある。ならば、権力者、今で言えば活躍している人とかかわりたい。というのが人間の情で、そのつながりの手段としてスマートフォンを用いていますね。

スマートフォンって、自分のかかわりたい人や情報と常にかかわっていられる装置になっちゃっていますよね。持ち運びしやすく、使いやすいコンピューターと言う事よりも。

バーチャルな共同体も含んで。

で、そのバーチャルな共同体がスマホを媒介として存在し、どのように構築してゆくのか。

自分が生きやすいように、力を発揮できるように、現実の共同体を組み直す。

ちなみに、私が以前仕事をしていたところでは、私が平気で部署の壁を越えて、意気投合した人と仕事をしていたんですけどね、上の方は気に入らなかったみたいですね。「せっかく縦に割ってんのに」と思っていたことでしょう。

それはそれとして。

自分がどういう物を選び、どういう場に参加するのか。それをスケジュールに入れる。効率が大事になってきます。

現代は自分で選ばねばならない物がたくさんありますね。

ま、自分で増やしているんですけど。

選択し続ける世界

物を選び、ほしがる習慣は、どこからくるんでしょうか。

それは、物を買うという行為が、さらには、持つ、使う、という行為が、自分を他人とを区別して、自分をその都度確かめる手段になっているところからきているんですね。

消費行動が、言語活動と同じ地平上で行われているんですよ。当然、物が増える。反して、言葉が少なくなる。名詞は増える。言葉は吹き飛ばされてしまったまま、戻ってくることがない。

人が言葉を仕入れてくるのと同じ感覚で新商品を求めます。味をしかも人工香料を変えただけの物さえ、別の商品と見てしまう程度の感覚で。

隙間を埋める 

そこで、スマホの登場だ。

常に求め続け、選び続ける習慣ができてしまった脳にとって、スマホはなんでしょうか。人によってはパラダイス、またある人にとっては無限の荒野ですよ。

SNSのおみくじ感覚。何が出るかな。自分にとって都合の良い事ならいいな。

たぶん、IDやPasswordを打ち込んでいるときの脳って、ルーレットが回っているときと同じなんじゃないの。中毒者にとっては。ドーパミンが出ているはずですよ。

人間の脳は、適応能力が高いんですよ。何事も意識せずに慣れれば何とでもなくなります。

脳は、成長期のあと、わずかに縮んでゆきます。でも、むしろ頭がよくなっていくのは、必要としていない、つまり、使わない事柄をつかさどる部分を捨てていくのだと言いますね。

スマホをいじくって、そこから情報を得て行動を決める。そのような行動をを繰り返していたら、それに「特化」した脳になっていくでしょう。

たとえば、就活にしても、「偏差値60以下は、英語とExcelをマスターすれば、有利になるだろう」とか、無関係の人が言いますが、しかし、それは空っぽのロボットのようなもの。仕事上頼りにはなるし、「使いやすい」が、人としての魅力を感じられるようになれるかどうか。

スマートフォンのような常に身に着けておくような情報通信デバイスは、必要最低限しか使わないか、でたらめな使い方をするかですよ。

自分の内から生ずる希望や、実際の人との関係性の中で見出した望みなら自分にふさわしい道が開けます。

でもね、デバイスの中で見つけた欲望ってのは、自分から離れさせますからね。

欲望がそこにあって、そこからスタートしているから、自分に必要でないものを欲しがる。

自分の状況から脱出したいという欲を加速させるのに好都合ですね。スマホは。

自分の世界の隙間を埋めるために、心の隙間も含めて、SNSとゲームに半分以上費やすような使い方をしていると個性があいまいになるなんて、抽象的な話ではなく、脳の構造に影響が出ますよ。

通勤通学の風景に、スマホを操作する人々がすっかり定着しました。通勤は、「日常で最も不愉快な時間帯」だと言われています。

皆、あの場から、tripしたいんですよ。むしろ旅立ちたいんですよ。

にもかかわらず、見知らぬ他人と接近して、労働に向かう。

その状態を軽減するために、自分で選んだバーチャルな世界にtripしたい。

スマホはそういう使われ方になっていますね。

これ、伴大納言絵詞のシーンなんですが、スマホいじくっているようにしか見えません。必死です。本当は神に祈っている姿なので、必死に見えるのは当たり前です。

f:id:CheatCut:20160903161017j:plain

現実次元の計算ずくの社会において、この先を考えながら今を決定しなくてはならない。人は、先にある目的のために行動を決めなくてはならぬ「もの」と化している。作業ですよ。そこで「計算」や「目的」から逸脱する蕩尽をすることにより、ものと化する己の失墜から逃れて、人としての自分を取り戻そうとしますね。目的に対する手段としての自分ではなく、主体としての自分です。

それで、スマホを用いて浪費しているんでしょうか。自分を。

しかも、今はカーニバルがない、ときてます。ハロウィンくらいですかね。年々、にぎやかになっていますね。あれも。WEB時代の、って、「WEB時代」っていう言い方があるのか知りませんが、WEB時代の祝祭になってゆきそうです。

祝祭のほとばしりがない世界で、隙間を埋めずにはすまない精神で、地道にタップやスクロールでほとばしりを薄めて。

WEBデザインのセオリーとしては、クリック数が少ないもの。というのがあるんですが、自分で選びたいのだから、クリックの回数は、2,3回はあった方がいいんですよ。チラシのようにすべて入れ込んだページを作れば、人は、クリックするところを探すに違いないんです。

どのみち、浪費をせねば人間に残っている混沌は済まないでしょう。持っていきどころだよね。すべては。愛の。