読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CheatCut.hatena

noise&randomness

民俗学漫談*文字というテクノロジー

民俗学漫談

思想をわがものに

日本美術の本をめくっていて、どうも趣味に合うのは、長谷川等伯から始まって、琳派、蕪村に芦雪や若冲できわまる感じがしました。それ以前の仏教美術や以後の浮世絵も素晴らしいとは思うんですが、あまり趣味ではないんですよ。

それ以前の物にはなかったものがあるんですよね。

落ち着き? バランス? 色合い? 構図? 大胆さ? 迷いのなさ?

なんでしょうか。

で、なんで、そのころになって、美術が違うものになってきたのかと思ったんですよ。

それは、思想と言うものができてきたからなんじゃないかと。

思想を絵画で表せる。

自分の現実を超えた世界を考えられるようになった。

別にあの世の事を思うという素朴な事ではなくて、今ではない先の事、ここではないあの世界を思考することが、一部のエリート層以外にもできるようになってきたということです。

それは、ようやく、日本人が文字を使いこなせるようになったことの表れなんですよ。

思考は言葉でしますが、書かないと、先には進めないんですよ。

言葉があれば、コミュニケーションができますが、文字がないと思想は生まれません。

日本人は文字を開発せずに、輸入した。

輸入した文字は中国語を表記するものだったから、そのままでは日本語を表せない。

どうしたかと言うと、日本語の音を原則として一つの感じで表した。「あ」という音なら「亜」とか「阿」とか。音が同じならどの漢字でもやってみた。

それで音は表せたから、後は、一音に一つの漢字を当てはめて文章として残せるようになったんですね。ただ、この方法は、音と同じだけ文字が必要になります。恋なら古比とかね。

で、意味は意味で、漢字の意味を用いる。意味は漢字でも、音は日本語です。例えば「雨」とか。一文字で表せます。

で、この漢字一字を日本語の音として用いる、音ではなくて、漢字の意味を用いる。音は音で、今で言えば送り仮名のように使った。

これをまとめて万葉仮名と言います。

全部漢字なんですが、漢文ではない。また、全部が全部音読みと言うわけでもない。

これが日本語の文字の始まりです。

ちなみに、菊の花。菊(きく)は音読みです。訓読みはなんですよ。

なんででしょうか。

漢字が輸入された後に菊の花が日本に伝わったからなんですよ。

漢字が伝わる前に、日本には肉の花がな方から、菊の花を表す言葉が日本語になかった。

また、肉(にく)。肉も音読みです。しかし、訓読みはあるんですよ。肉は漢字以前に日本にもありましたからね。ちなみに、訓読みは「しし」です。

あとは、漢語ですね。経緯(けいい)と書いて「けいい」と読むんですが、「いきさつ」とも読めます。この漢字があてられているのは、音でなくて、意味で表している例ですね。 

熟語で意味が分からない物は日本語になおすといいですよ。学習は、学んで習うという意味です。

文字の開発

ことばと絵はどちらが先に生まれたのか。まあ、ことばでしょう。ことばを永続的に残したくて、絵を描き始め、絵の抽象化をさらに進めて文字が作られたはず。

文字ができたのは、今から4千年か5千年くらい前ですかね。シュメールですよ。

始めは、記録伝達用ですね。

記録して伝える必要がないような社会では文字は生まれませんし、使おうと思いません。口で十分ですから。

記録は、例えば、動物の絵の横に数字が記されていたんですね。

国家にどれほどの収入があったのか。

そのような記録です。

その絵が次第に簡略化して、記号化して、個性が消えて、複数人の間で用いられた。

文字の誕生です。

もちろん、始めはごく少ない人しか使えませんでした。

始めというか、ずっとごく一部の物だったんですけどね。文字というテクノロジーは。

始めは文法はない。名詞だけてす。文法がなければ思考ができない。

まだ、文字で思考するなんて、誰も考えなかったんですよ。

文字の使い方の発展

最初は、帳簿付け、つまり過去を記録するための物でしかなかった文字。おさめられた家畜の数とか、王様の生まれた日とか。それが神託を記録するようになった。神託も過去の記録には違いがないが、それは言葉だけのもので現実のものではないんですよ。その記録は、未来に向かった投げられた過去の記録となる。つまり、いまだ誰も知り得ぬ状況の記録なんです。その誰も知り得た記録を文字で記した。これを誰かが、この使い方はいけると思って、神話をつけるようになったんじゃないんですかね。

自分が知らないこと、見てもいないし聞いてもいないことを記せるという発見。

神と人とのコミュニケーションに文字という技術が入ってきたんですね。

ここにフィクションが成立します。

いつからフィクションを書くようになったのか。いつから現存する人々のだれも知らなすことを記録するようになったのか。

神託を「記録」することからでしょう。そこから、文字を用いて正確でない物も記していいという感覚が初めて生まれたはずです。

自分の頭の中って、正確じゃないですからね。

その正確でないものをあらわすには、文字しかない。

文字を書けないという事は自分の意志を知らない人に伝えられないという事なんですよ。

声に出す言葉は、話している先から消えてゆく。

普段、人と話していて、お互い、いかに相手の話を理解していないか。それにもかかわらず、コミュニケーションは成り立ってしまう。

コメントしただけで満足する。思い付きを話しただけでは、お互いに何を言っているのかわかっていません。

会話とは、お互いの話にのっていくということ。

文字で記すから、手の動きに沿って、思考が進んでゆくんですよ。

文字によって志向が進み、個性が生まれる

ひらがなは、一つの文字で一つの音を表しています。意味はありません。音だけです。

そのひらがなを何文字か組み合わせると一つの意味を表します。アルファベットと同じです。

漢字は一つの文字で一つの意味を合わしています。

日本人は、文字を輸入した。自分たちの使いやすいように工夫した。

曖昧な用法を整えたり、覚えやすくした。

人がそれぞれ言葉を使っている。でも、ひとりひとり、話し方も書き方、文体が違いますよね。同じ言葉でもひとによって、使い方が違うんですよ。一人一人考え方が違っているから。

英語で文体の事をスタイルと言います。

もともとは板に書くための鉄筆の事だったみたいですね。

書くということは、自分の外側に刻み付けるんてすよ。その刻み付けられたものを見て、さらに思考が進む。考えるとはそういう行為なんです。

自分の考えを言葉に変換するために文字を用いる。

私、今書くこをパソコンでやっていますが、いちいち入力をするためにキーを叩く。

一度、言葉をバラバラにしてキーを叩いて、変換を押して、一度で出なければ検索をして自分の言葉を探す、という事をしていますが、これ、書くという事なんだろうか、と思いますね。

手と脳が連動しているんでしょうか。

しかも、スマートフォンだと、言葉が出てきますよね。その検索候補の一覧から選ぶ。

あとは並べるだけ。書いているというより、sumplingとlimixのようですね。

これをやっていると、皆が皆、文体が同じになってゆきますよ。

文体が同じという事は、考えも同じ。個性に差が無くなってゆくという事です。

私もことばのsumplingとlimixをしていますが、示された言葉を選択しているのとは違います。

cheatcut.tumblr.com

テンポというか、リズムというか、そういうものが何にでもある。文章にしても、その人の好むペースというのがあって、今は、WEB上で読むのが日常的になっていますよる。横書きで情報を拾う。それで小説の遅さに戸惑い、上手な文章を、引っ掛かりのある文章と思ってしまう。そのギャップを表現できるmediaはあるんでしょうか。相対性理論のようです。時間の流れの速さが変わっていますね。

口から出る言葉を文字にしているというだけで十分アクロバットな行為なんですが。

ところで、音楽みたく、文学もfeatueringとかできないのかな。連歌とかじゃなくて。

音楽やっている人は楽しそうだ。

人間は、語りと、音楽と、食事が大好き。原始時代から同じです。

音楽家は楽器があっていいなあ。

文学はパソコンで書く物になっちゃってるからなあ。

ふと、違和感が

この間、「その発想はなかった」と、仕事上の会話で使っていた型がいましたが、かたまりとしてことばを覚えている気がします。

テレビで見た芸人のせりふをそのまま頭に入れていませんかね。40代、50代の方ですよ。それは外国語を覚える時のやり方ですよね。フレーズとして頭に入ってきて、フレーズとして出す。編集行為ができていない。ロボットと同じですよ。プログラミングされているのに近い。覚えたフレーズを文脈に吐き出しているだけ。

それでは、会話にならない。相手がいませんよ。

じつは40になっても50になっても言葉を覚え続けているのではないんでしょうか。それまでの言葉を捨てる行為とともに。

しかし、最近、「正直、なになに」と言う話し方をする方が多いですが、正直は正しく、まっすぐにと言うそのままの意味ですよ。「本音としては」と言うべきですね。しかし、本音は漏らすべきではありませんね。