読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CheatCut.hatena

noise&randomness

民俗学漫談*デザイン

デザインとは

今回の漫談は、デザインです。

物には、何でもデザインがあります。お椀でもお盆でも。道具でも衣装でも建物でも。

デザインは、まず、機能性。機能を引き出すためのデザインがありますね。続いて、装飾。飾り付けですね。

見やすさ、伝わりやすさばかりではなく、デザインによって、物を使いやすくする。

これは、どう使うべきなのか。

見てわかるものが優れたデザインという事になります。

デザインはラテン語で区画して描く、印をつける。というのが語源ですが、区画して描くということからすれば、物がもっている情報をどう割振りするのかがデザインという事になります。

例えば、電化製品でも、何か飛び出ているボタンがあれば、それは電源スイッチではないか、と思いますね。

今のi-macのように、知らないと、どこにあるの判らないようなものもありますが。あれは、精神性をいれこんでいますので、別の話です。

デザイナーは、(自己)表現をしているに過ぎないものを作るのではなく、その物に接する人とのコミュニケーションになっているか。

デザインは、隠れているものを示すものなんですよ。または、示しえない物を示すこと。使いやすいデザインと言うのも、どこをどう使ったらいいのか、その見えない物を見えるようにするという事ですね。

形ではなく、機能や意味です。

神社のデザイン

神社のデザインも、そこに何かいるはずだと、というのを人々に知らせるためにある。

その形が、何かを示しているんですよ。

鳥居が、瑞垣が、手水舎が、玉砂利が、神殿が聖なるものの存在を示している。自立した聖なる世界。同じ空間ではない中心。

神殿でも、鳥居でも、細部が全体をコントロールしています。

ことごとく、聖地であることへの配慮が働いていて、環境形成をしているんですね。

世俗に穢(けが)れた魂が鳥居をくぐり、玉砂利を踏みながら、中心へ向かう。玉砂利を一歩踏むごとに俗から離れてゆく。

手水舎で禊(みそぎ)をして、神殿で神に近付く。すでに俗なるものではなくなっています。参拝を済ませて、再び玉砂利を踏みながら、鳥居から出てくる。

そのときに魂はよみがえるんですよ。

黄泉(よみ)からかえってくるから、よみがえり。

胎内回帰とも言われます。

神社で、柏手を打ちますよね。

あれ、何をしているのかと言うと、場を浄めているわけです。

柏手には場を浄める効果があるんです。

個人的には、神社は「お願いをする」場と言うより、「よみがえり」の場だと考えています。

一度、自分を捨てて、再び生まれ変わる。

本来は、修行をして、水に潜って、再び浮上するのが復活ですが、それをデザインの上から構築し直したのが、宗教施設なんですね。

神社のパーツはそのためにデザインされています。

だから、境内には、普通、駐車場はないし、民家もないし、広告もないんです。

デザインの引き出す力

機能から言ったら意味のない部分もありますよ。縄文土器と同じで。

でもね、もともとデザインは、その物、その場から立ち現われてくる何かをあらわそうしたはずなんです。言葉ができる前の段階で。そこには、「呪(しゅ)」が込められている。それがもともと持つ力、太古の人びとが感じた言い知れぬ力をこの世界に現そうとしたんでしょうね。

そのデザインを受け継いできたわけですよ。宗教は。年中行事は。

祭祀における構造は、議会だったり、コンサートだったり、講演だったり、いまも、いろいろなところで利用されています。

そこには、「示す」という機能が働くからです。デザインを変えれば、機能も変わってしまいます。

大学であい変らず講義形式が行われているのは、立場の違いを示す習慣からでしょうね。先生方はディスカッションできる部屋を増やしてもらいたがっていますが。

神社ってのは、荘厳だったり、わびさびのデザインはありますが、退廃的な気分にはなりませんね。

夜のデザイン

現代都市にあるデザインって、夜しかないって感じがします。朝が来ることを考えていない若者のような。ネオンでも、サイケでも。朝の光には耐えられないよね。若者はそういうものなのでしょうが。

おもしろい、かっこいい、ユニーク。

共感の時代とか言われているけど、共感するのも疲れませんかね。

明らかに、共感するでしょ、っていうものを示されて。

夜の夢? 夜じゃないとだまされないんですよ。

青空の下なら、要らない物ばかりだけど、いつでも青空じゃないからね。文明国の人びとは。

その点、神社のデザインは、昼間はわびさび、夜は畏怖と、リバーシブル仕様になっています。

昔のデザインは、無駄がありません。

無駄が多いという事は、刹那的にまだまだ世の中を甘く見ているときです。そのエネルギーが迷走すると、不安を刺激で洗い流すようなことをしてますよね。エンターテイメントは。特に電力を使うものは。

何でも光らせれば、ロマンチックで魅力的になるというわけでもないと思いますが。