読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CheatCut.hatena

noise&randomness

民俗学漫談*売れるものの集中

民俗学漫談

便利なメディア

小説が売れない。と。私の話じゃないですよ。

全般的な話です。

小説が売れない、イコール、読まれない。と言うことにすると、まずは、今は、自分を表現する手段、自分の内面を探る手段が増えて、優秀な人たちが文学の側に入ってこなくなった、と言うのがあります。

サッカー人気で、野球をするこどもが減ったのと同じ現象です。

もう一つは、小説というメディアが、消費者から見て、「不便」なメディアになってしまった。

何が不便なのかと言うと、消費者は、貨幣を用いて、何をしたいのか。もちろん、物を手に入れる。同時に、自由を行使したいんですよ。

たいていの労働者、年金生活者にとっては、貨幣を用いる時に、自由を感じられる。

「自分も、独立した一個の人間なんだ」と感じるんですよ。

自由を行為するからには、自分の感情を慰めるものが欲しいんですよ。

そこで、昔はね、江戸時代からざっと20年くらい前までは、読み物が便利なメディアとして存在していた。

戦後、漫画雑誌やテレビが広まっても、知的なメディアとしての存在意義はあったんですよ。映像のような受け身のメディアは長い間見ていられない、と、私みたいな人とかね。

ところが、今や! いくらでもあるんですよ。インターネット上に、お手軽に気を紛らわせる手段が。テレビも、ますます気を紛らわせるためのコンテンツになっています。

あれは、散らせるためのスタイルです。憂鬱を散らせてしまえ、と。

昔は、居酒屋とか、床屋とか、井戸端で片付いていたんですけどね。

今は、文字にしてしまいます。放談で虚空に消えていくだけでは済まないんですよ。

文字の力を侮(あなど)っていますね。

文字にするということは、記録される、刻み込まれることなんですよ。

インターネット上の匿名で行われる「コメント」も。「コメント」を一方的にするだけと言う現象が起きているのは、「コメント」が批評として、対象に愛情を持ちながらしているわけではなくて、自分の満足のために「コメント」しているわけです。

個人的には、美しいものを好きな人が稼げない世の中は違うと思います。

絵画にしても。
「コメント」も茶化すようなのばかり。
だから、ネタに逃げる。アート系のイベントは、「ネタ」的なものや一発芸的なものが多い。実際のアート作品の事じゃないですよ。
「コメント」で、双方を満足させてしまう状況をwebが作ってしまったんですね。
己の内でカオスを抱え込むから、言葉が生まれるんですが。

たまに、クリティカルなコメント、つまり批評になっているのがあるので侮(あなど)れないんですが。

一つのものだけが売れる理由

そんなわけで、小説、しかも、エンターテイメント性のない小説は読みません。

売れるものは、売れます。当たり前ですが、今のWEB時代は、一つだけに集中するという現象が起きます。

皆が平等に同じ情報を得ているからです。もちろん、そうして、スマホでもパソコンでも、得られた情報は古びて、情報発信者が得るものは得た後で出されているんですがね。

ウインドウズやグーグルのように、皆が使っているから、もしくは、優れているから使う。と言うことが一つ。

もう一つは、好いものは自分も手に入れたいという、太古から収まらぬ人間の欲念から生じたものがあります。

今は、何が流行っているか簡単にわかります。当たり前です。

WEBで流されるニュースを選ぶ人の募集で、「ユーザーに刺さるニュースの選定や、情報収集が出来る方」を募集しているわけですからね。

それで、一つものに集中する。残念ながら、そこに批評も選定もありません。

すでに、流行ではなくて、四六時中、起きている間は、変化を求めずにはすまない。

スマートフォンで情報を求める以上に、変化を求めているんですよね。

「何か、更新されていないかな」と。自分の更新されない日常にたえきれませんね。

祭まで待てないんですよ。

義務が多すぎる。自分で決めなきゃいけないことが多すぎる。

そして、自分で決めた事は、自分で背負わなければならない。と言う社会ですからね。

逃げたくなりますよね。

最近、歩きながらスマートフォンをいじっている人が増えましたがね、なかには、イヤホンをつけて片手に持ちながら、ちらちら見て歩いている方がいますが、なんというか、スマートフォンがなければ、生命を維持できない状態に見えますね。コードは、心臓につながっているんじゃないかと。

メディアはもはや、自分の感情を慰めるための物が受け入れられる。と言う状況になっていますね。「共感できる」とは、そう言う事ですよ。

「コメント」する方も何かを作り出すということであれば、クリエーターと消費者の数がほとんど同じになっていますね。

ますます、専門化していきます。

 

一つのものがはやるとそれに思考が少しずつずらされていく。本当に少しずつ。