CheatCut.hatena

noise&randomness

もしもシンデレラの王子様があのデンマークの王子だったら

ある梅雨の日、シンデレラは、アンニュイに悶々としながら肘かけにもたれていました。

あの運命の舞踏会から十年、王子は王になり、シンデレラは王妃となっていました。

しかし、その生活はシンデレラが思うものとは違っていました。

豪華な調度品、きらびやかな衣装、自分に逆らわぬ人々、こうした環境は、シンデレラの心を衰えさせるものでした。

 

自分は、飾りなんて堪えられない。自分には意志があるのだ。活動したい。エネルギーの出口が欲しい。

シンデレラが自分の意志の早合点や視野の狭さを悲しみました。

思えば思うほど、悔しさが募ってきて、おりしも聞こえてきた夜鷺の鳴き声を聞くと涙が零れてきました。

 

思い立ったシンデレラは、お供を連れ、妖女の屋敷へ向かおうとしましたが、、シンデレラは王妃であるので、おいそれと外出するわけにはいかないのでした。

 

そこでシンデレラは、あの夜、自分でも驚くくらいにためらいもなく妖女の魔法を信じたあの夜と同じ手法を講じてみました。

 

すると、どうでしょうか、やはりあの晩と同じく、妖女が現れたではありませんか。

「わたし、戻りたいのです。――戻りたいのです。――」

「よしよし、シンデレラ、戻してあげよう、あの日へ」

妖女は何も聞かず抱きしめると、再び杖の一振りで世界を忽然と変えてしまいました。

 

シンデレラが目を開けると、義理の姉たちが浮かれた声で衣装を合わせている光景が現れました。

「私は、この羽飾りにしよう。イギリスで流行っているらしいし」

「そう、ならどうしよう。あまり宝石だの金だのは嫌味だし」

「黒なら金に合うよ」

「そうそう、シンデレラ、あなたも一緒に舞踏会にいかが」

シンデレラは姉の白々しさにむしろほくそえみながら

「いえ、行こうとは思いません」と、目を伏せて言いました。

 

夜が近くなって、継母と義理の姉たちが出て行ってしまうと、さっそくシンデレラは台所の隅で泣き始めました。

すると、忽然としてシンデレラの名付け親でもある妖女が姿を現しました。

 

「私、王子様が欲しい。王子様と恋がしたい」

「よしよし、心のきれいなシンデレラ、それじゃ、お城の舞踏会に行けるようにしてやろうかの」

「それは嫌」

「嫌なのかえ。立派でお美しい王子様じゃて」

「あんな、目先の事ばかりじゃなくて、世界の事を深く考える人、そういう人がいい」

「そんなお人に合わせるのは、大変じゃろうに」

「知的な人が好いの。そうね、あの噂のデンマークの王子様が好い」

「いや、デンマークって、キミ。世界政治の主要国家じゃて。その妃になるには、それ相応の」

「できるでしょ」

シンデレラは赤い唇を片側だけ引いて、妖女を見据えました。

 

「やれやれ、シンデレラよ、それならば、明日、馬車が迎えに来るから、それに乗るがよい。すぐに城に着くから、門に入ったら、まっすぐに中庭に向かよように」

「わかった」

 

あくる日、義理の姉たちを近所のお城の舞踏会へ送り出したシンデレラは、南瓜の馬車に乗り込みました。

馬車は景色を七色の筋にしてしまうほどの速さで進むと、とある宮殿の前に着きました。それはシンデレラが見たことのあるお城よりもはるかに高く、はるかに堅固でなおかつ美しいお城でした。

シンデレラは、妖女に言われたとおり、中庭に向かいました。

 

夏の夜の月明らかに、成就の夜にふさわしい満ちた月の光は、雲の間から照らし、やがて雲が動けば、庭をくまなく照らし、やがて、一人の眉目秀麗なる青年を照らし出しました。

青年は、中庭に入ってきたシンデレラを見やると、持っていた本を落としてしまいました。

シンデレラは駆け寄って、拾い上げます。

「あの、落としましたよ」

「落ちるのも神の摂理。来るべきものは、いま来なくともいずれは来る。-いまくればあとには来ない。-後に来なければ、いま来るだけの事だ。

-肝心なのは覚悟だ。いつ死んだらいいか、そんなことを考えてみたところで、誰にもわかりはしまい。所詮、あなたまかせさ」

 

そう言うと、シンデレラに向かって微笑みました。

その微笑みがあまりに美しかったので、シンデレラはしばしの間、ハムレットに見入るだけでした。

 

そこに賑やかな高笑いとともに、太鼓の音がしました。

「あれは、何」

「あれは、王が葡萄酒を一気に飲み干す度におつきの者が、はやし立てているのさ。矮小な物欲と名誉欲を内容とする生活ですよ」

「あなたは? あなたは宴会に出ないの」

「花は笑い、風は歌う。木々が囁き空は微笑む。僕は世界に向かっていればそれでいい。あとは、身を軽くするだけ。『宿命さがし』は、もう止した」

 

ハムレットは、欲にまみれた王宮の生活にうんざりし、自分の心を導いてくれる良き縁を求め始めたばかりでしたので、そこに現れたシンデレラに赤い糸を感じてしまいました。

シンデレラは、ハムレットの秀でた容姿とともに、その晴朗な性質に惹かれたので、この人こそ自分の王子様と入れ込みました。

その後、シンデレラは、ハムレットの妃となり、北海を治める中心国家の王妃として君臨したのでした。

 

                                     了

 

 

 

参考

 

青空文庫 灰だらけ姫またの名「ガラスの上ぐつ」

ペロー 楠山正雄訳

http://www.aozora.gr.jp/cards/001134/files/43120_21537.html

 

新潮文庫ハムレット福田恒存訳百八ページのハムレットのセリフを引用