CheatCut.hatena

noise&randomness

ブラック・スワンを読んで

ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質 ナシーム・ニコラス・タレブ (著), 望月 衛 (翻訳)と言う本が数年前に売れました。

ブラックスワン、黒い白鳥です。

白鳥には、稀に黒い白鳥が生まれるそうです。

実際に存在しているのですが、どれくらいの確率で生まれるかはわかりません。

そのブラックスワンを象徴として、この世界の現象、とくに経済現象の予測は成り立ちにくい、ほぼ不可能というようなことが書いてあったかと思います。

例えば、宝くじは、確率もわかるし当籤した場合の結果もわかるので、それはブラックスワンではありません。

著書の中で、ブラックスワンとは、『ほとんど起こり得ないが、起これば大きな影響を及ぼす事象』と定義しています。

いつ起きるか、起きた場合の規模もわからないものを言います。

例えば、株式市場の動向や、何がはやるのか、といった物事のことです。

計画通りにやって、ブラックスワンが起きた試しはない、とさえ著者は言います。

  • 世界は、自分が思っているより、複雑でランダム。わかったという幻想を人は欲しがる。
  • 分類をすれば、複雑さは必ず低下する。黒い白鳥が生まれるのはそういうところだ。

後になれば、如何様にでも解釈なんてつけられる分けですから、因果関係ばかり探るような仕事のやり方では、新しい事は難しいと思います。

思ってもみないブラックスワンに賭けるのは、実は現在当たり前の仕事の仕方で、それをやらないのは、結果が全てわかっているというようなもの。

「境目に立ち、境目を探る」とも著者は言います。

分りきっていること、変化が起きなさそうな所ばかりに目を向けて、安心しながら仕事をするのは、現代では、仕事の向上には結びつかないでしょう。

何より、当人が楽しめないと思います。

自分でジャンルを決め込まないという事は、重要だと思います。

自分の職種や仕事の内容を決め込むのは楽かもしれませんが、人としてそれで楽しいのでしょうか。

その一日の仕事を片付けたら、全然違うプライベートを過ごして、それで仕事上の信頼を得られるのでしょうか。

自分のしてる仕事の境界線を見る。その事により、自分の能力を生かしたまま、新しいジャンルや仕事をこなせるようになると思われます。

境目は限界ではないのです。

境をぼんやりとでも見ることによって、その向うにあるものに意識が向けられ、そのための準備もできるようになると思われます。

著者は、著書の後ろの方で、生活をしてゆく上で、仕事に85パーセント、ブラックスワンを起こせるような可能性に15パーセントくらいを費やすと良い人生が送れるのではないかと提案しています。

 

私たちが能力だと思っているもののほとんどは、結果から後付けで決められる。

 

私は、仕事でも好きなことでも、全力でやり続ければブラックスワンが起きるのではないかと思います。

そのためには、なんでも良い、どこでも良いというわけではなく、自分の好きなことに力を注ぎ、自分を大事にしてくれる場を自分が大事にすることだと思います。

 

 

●会社を興したり『才能』を生かして、一攫千金を求めるか。
●子供の頃から勉強を頑張り、会社に入ってからも奮迅し、高い収入を求めるか。
●贅沢できる収入ではないが、自分の能力に見合った仕事を見出し、仕事をやる環境を作り出し、好きな事にシフトしつつ生活してゆくか。

●夢を追い求める。

実は、それぞれ努力や才能、それに環境が必要となります。
一番簡単なのは、どれですかね。
人に寄りけり。2番目と言う人も少なくありません。

ブラックスワンを読むと、最後のやり方を進めているように思われます。

 

仕事を片づけたいのか、世界を変えたいのか。

 

出し惜しみをせずに全力を尽くしていれば、良い方のブラックスワンは起きると思う。


大ざっぱにあげたこの生き方ですが、実は、どれもこれも意志が要ります。努力や(環境を含めた)才能は当たり前のこととしてあります。
さらに実は、少なからぬ人々は、どれも選びはしないのですよ。

選ばないという選択もありますが。

羨み、妬み、憧れたまま、何も選ばないのですよ。
何が、意志を妨げているのでしょうかね。

『次がある』と言う妄想か。

コンプレックスからくる欲念か。