CheatCut

noise&randomness

コンプレックススパイラル

『コンプレックス』とは、呪いを現代風に言い直しただけ。

呪いを解くのは愛以外にない。

 

自力で呪い(コンプレックス)を解く方法は、次の通り。

  1. 人間関係を変える。
  2. 住む所を変える。
  3. 時間の使い方を変える。

すべて、必然的に行動を変え、考えや言葉の使い方まで変えるため。

これをやると、損得勘定が消えます。

そして、出し惜しみをしていたことが分かります。

何を惜しんでいたのでしょうか。

自分の能力を、です。

自分の能力を使う環境を整える意志を惜しんでいたと言ってもよいかもしれません。

 

 


他の人とのかかわりの中で能力は発揮される事に気づいていなかった。

そうして、自分が振りまいていると、少しずつでも信頼されてきます。

何を振りまくのか。

愛、信頼、無償の行為、笑顔、手助け、人に寄りけり、やり方はあると思います。

 

能力を出し惜しみしないという習慣を身に着けた上で、遊び始めると愉快になります。

心なんて、晒すものではありません。

結局、コンプレックスは、『自分が愛されない』とか、『信頼されない』とか、と言う疑心からその原因を自分に探し始めることから生ずる訳だから、コンプレックスを外すには、『愛されている』、『信頼されている』と言う感覚が必要で、それは、愛欲とか物欲とか名誉欲など言う一時しのぎのものではなく、おとぎ話クラスの高密度の愛が必要なのである。

愛をもって直すには。

しかし、実際には、おとぎ話クラスの人はいないわけであるから、『信頼を得る』と言う方法で、子供の頃からかけられた呪い(コンプレックス)を外すのが手っ取り早いのである。

 

鬱は、現代の呪い。

自力で解くのは難しい。

 

穏やかであれ
愚痴をこぼすな
気さくであれ

運命と本能に惑わされはいけない。

人はものではない。

 

  

ハムレット

自分のままならなさを一体いかなる行為に託したらよいのか。
自分の志や願いを表現しきれる行為が見出せないと何もしなくなる反面、関係ない事には気楽に行動する。

 

マクベス

内面の性格と才能による宿命による行為を勘違いし、外的な状況による運命を宿命と勘違いすると、もともと自分の『宿命さがし』を従っていたのだから、あっさりと外的エピソードを自分の宿命によるものと思い違いをし、自伝の才能や性格を無視してまで、外の状況に合わせて悦に浸ろうとする。

自分の才覚の世界に対する効果を理解していないから、『これでうまくいくのか』と、行為を小出しにし、その都度状況を確認し、運命と取引するような行為を探る。