CheatCut

noise&randomness

フェリーで瀬戸内海を行く

あくる日、フェリーに乗るべく門司港へ向かう。
フェリーは新門司港から出て、小倉か門司駅から送迎バスが出ている。
しかし、自分は、『門司駅』と、『門司港駅』の区別、さらに『門司港』と『新門司港』の区別がついていなかった。
時間まで、『門司港レトロ』でも見ていようかと思っていたが、電車で門司駅近くになって、送迎バスの乗り場を確認していた時にふと、門司港駅門司港駅は違うのではないかと思った。
そこでさらに検索したら、どうもフェリーは新門司港から出るのであって、門司港と新門司港はかけ離れた場所にあり、電車もつながっていないことを知った。
気付いてよかった。
門司港に行く時間はないし、行かないのなら、門司駅から送迎バスに乗る必要もない。
小倉に行って、何やら漫画博物館というのがあるらしいから、見に行く。
博物館は、アニメやゲームの店ばかりのビルの上にあり、どうも、漫画が読み放題であったが、読まずに、漫画の原画などを見た。
五時くらいにばすていにいって、バスで、新門司港へ。
門司港とは方角さえ違っていた。
港に着くと、すでに、『ちくし』が止まっている。

乗船する。

f:id:CheatCut:20201001214519j:plain

f:id:CheatCut:20201001215012j:plain

f:id:CheatCut:20201001215143j:plain

f:id:CheatCut:20201001215150j:plain

f:id:CheatCut:20201001215246j:plain

f:id:CheatCut:20201001215325j:plain



晩御飯は、船内の食堂で、中華丼を食った。

f:id:CheatCut:20201001215614j:plain

 

朝にできるパンの注文もできる。

f:id:CheatCut:20201001220022j:plain

f:id:CheatCut:20201001220021j:plain




部屋のテレビは、アナログ放送しか映らない。
どうも番組自体が古い気がする。
晦日特番などをやっている。
デジタルは、地図上で船の現在地を映している。
夜中に目が覚めて、テレビを見ると。松山近くにいるらしい。
靴を履いて、甲板に出てみた。
愛媛の町の夜の明かりが暗闇に散らばっていた。
甲板は風が強すぎて、すぐに戻る。
フェリーは、昔の空母くらいの大きさがあるが、それでも体調いかんでは酔いそうになる。
神戸に朝の七時に着く。

f:id:CheatCut:20201001215930j:plain

f:id:CheatCut:20201001215903j:plain

f:id:CheatCut:20201001220320j:plain

f:id:CheatCut:20201001220339j:plain

f:id:CheatCut:20201001220824j:plain



平日の七時に着いてもやることがない。
飛行機で帰ろうと思っていたが、iPhoneの充電を忘れてしまい、予約ができないから、観光をして、新幹線で帰ることにした。
送迎バスに乗る。
送迎は、港近くの『アイランド北』というところまではただであるが、そこからは二百三十円かかる。
埋め立て地で降りてもよくわからない。
とりあえず、一番遠い、『御影』という駅まで行って下りる。
通勤通学客に混ざり、三宮へ。
摩耶ロープウェイに乗ろうとして、バス停の案内の人に聞くが、そのバスは本数が少なく、別のバスで『観音寺』というバス停まで行って、歩いたほうがいい、とのことであったから、そのバスに乗る。
『観音寺』で降りて歩くが、坂道が急であり、もう疲れ切っていた所に摩耶ロープウエイ息のバスが来る。
乗ると、一駅だったが、まあいい、と思っていくと、ロープウェイの駅がシャッターが閉まっている。

f:id:CheatCut:20201001221256j:plain
係りの者がいたから聞くと、あと一時間しないと開かないらしい。
歩いて登ろうとして、周りを歩くが、道がわからす、戻るとコミュニティバスが来たから、とりあえず乗る。
どこへ向かうか知らぬが、どこかの駅にはいくだろう。
JRの駅で降りると、兵庫県立美術館が近くにあるらしい。
今日は開館しているのかわからぬから、とりあえず、駅に入る。
駅に美術館のポスターがあるから見ると、肝心の開館情報のところにでかでかと会期変更のシールが貼ってありわからない。
再び出て、十分ほど歩くと、閉まっていた。
駅から電車で三宮の駅まで行く。
生田神社へ行くが、どうも道がわからず異人街へ行く。

f:id:CheatCut:20201001220950j:plain

f:id:CheatCut:20201001221138j:plain

 

f:id:CheatCut:20201001221339j:plain

f:id:CheatCut:20201001221616j:plain

f:id:CheatCut:20201001221822j:plain

f:id:CheatCut:20201001222254j:plain

f:id:CheatCut:20201001222314j:plain



ほとんどあてずっぽうで歩く。
iPhoneを使わないと、まともに観光もできない。
それはそれで本来楽しいものかもしれないが、疲れ切っているから、感動も何もない。
坂道を登っていくが、たいてい洋館は閉まっている。
開いているところもあったが、もはや見物する気力が失せていた。
生田神社へ参拝してお好み焼きを食べて飛行機で帰るつもりがもう面倒だから新幹線で帰ることにした。
そうはいってもまだ早いから、京都から乗ることにして、京都に行くと、三十三間堂に行きたくなり、降りる。
バスで行って、国立博物館は閉まっていたから、三十三間堂で拝んで、帰りもバスで戻った。

f:id:CheatCut:20201001222550j:plain

f:id:CheatCut:20201001222816j:plain

f:id:CheatCut:20201001221950j:plain

f:id:CheatCut:20201001222007j:plain

f:id:CheatCut:20201001222826j:plain

f:id:CheatCut:20201001223059j:plain



新幹線で帰る。
新横浜で降りて、横浜線に乗る。横浜線だから横浜へ行くと思ったが、横浜駅に行かぬまま終点ということで東神奈川駅で降りる。
これは逆に乗ったかということで、京浜東北線に乗るが、今度も横浜に行かず、そうしているうちに、川崎に着く。
結局川崎から帰った。

四泊くらいのつもりで、その時の気分でいい加減に動いていたら、十泊もしてしまった旅行になってしまった。

21世紀アジア美術館、福岡市美術館、福岡市博物館

あくる日、今日こそ宗像大社に行くべく、また東郷駅へ。
むなかた号に乗ると良いらしいから、待っていると、時刻表通りにむなかた号が来る。
ただ行き先に『天神』と書いてあるが、まあ、むなかた号が他にそうそうあるとは思えない。宗像号というくらいだから、宗像大社に行くだろう。
乗った後にバスの自動音声が、止まるバス停を告げるが、宗像大社がない。
どうも宗像大社に行くバスが遅れて、そのあとに来たらしい。
よくわからないところで降りても仕方がないから、地図で見ると天神とは昨日行った天神で、もうそこまで行くことにした。
天神に着いて、有名なカレー屋に行くが、またしても地図を見ても分からず、あきらめて福岡市博物館へ地下鉄で行く。
駅から遠い。
すっかり晴れて、暑い。
途中で西南学院の学食でカレーうどんを食う。

f:id:CheatCut:20201001211507j:plain


博物館は面白かったが、帰り道がまた遠く感じた。
地下鉄で今度は、福岡市美術館へ行く。

f:id:CheatCut:20201001211735j:plain

f:id:CheatCut:20201001211844j:plain

f:id:CheatCut:20201001211852j:plain

f:id:CheatCut:20201001211853j:plain

f:id:CheatCut:20201001211908j:plain

f:id:CheatCut:20201001212244j:plain

f:id:CheatCut:20201001212242j:plain

f:id:CheatCut:20201001212316j:plain

f:id:CheatCut:20201001212327j:plain

f:id:CheatCut:20201001212421j:plain



もう行くこと自体が単なる作業であり、自分が何を求めているのか、なんでここを歩いているのかもうわからない。
さっきよりは駅から近いが、十分遠いし、何も食っていない。
出て、また駅まで歩いて、中州から21世紀アジア美術館へ行く。

f:id:CheatCut:20201001212337j:plain



企画展は人が多かったが、自分が見たのは常設展でゆっくり見た。
ホテルへ。
同じホテルであるが、昨日よりさらに良い部屋になっている。

f:id:CheatCut:20201001212628j:plain

f:id:CheatCut:20201001212713j:plain

f:id:CheatCut:20201001212716j:plain

f:id:CheatCut:20201001212724j:plain

f:id:CheatCut:20201001212726j:plain

f:id:CheatCut:20201001213006j:plain

f:id:CheatCut:20201001213125j:plain

f:id:CheatCut:20201001213102j:plain

f:id:CheatCut:20201001213039j:plain

f:id:CheatCut:20201001213126j:plain

f:id:CheatCut:20201001213206j:plain

f:id:CheatCut:20201001213340j:plain



観光よりも、良いホテルの部屋の方が楽しい。
風呂に浸かって、寝る。
朝、ホテルを出て、肉うどんとかしわ飯を食う。

f:id:CheatCut:20201001213425j:plain



混んでいるせいもあって、この間のうどんのほうがうまいと思った。

香椎宮、筥崎宮

あくる日、別府のホテルを出る。

f:id:CheatCut:20201001204904j:plain

f:id:CheatCut:20201001204818j:plain

f:id:CheatCut:20201001205028j:plain

電車を乗り継いで、小倉へ行き、有名なラーメン屋で肉やきめしを食う。

f:id:CheatCut:20201001205530j:plain

f:id:CheatCut:20201001205243j:plain



宗像大社に行くべく、東郷という駅で降りて、バス停に向かうがバスが来ない。
曜日を間違えていたことに気付く。
あと一時間近く待つことになるからもう電車で香椎宮筥崎宮へ行って、博多で天ぷらを食う。

f:id:CheatCut:20201001205815j:plain

f:id:CheatCut:20201001210112j:plain

f:id:CheatCut:20201001210123j:plain

f:id:CheatCut:20201001210117j:plain


f:id:CheatCut:20201001225745j:plain
アクロス天神というところにあるが、中を歩いていると、『ビルで登山』というようなポスターが貼ってあり、もしかしたら、階段状の建物の上に森を作ったものかもしれないと、地上に出たらそうだった。

f:id:CheatCut:20201001210247j:plain

f:id:CheatCut:20201001205909j:plain



ホテルに行く。今まで出一番高級なホテルかもしれない。ロビーに芸術系の本がたくさんある。

f:id:CheatCut:20201001210334j:plain

f:id:CheatCut:20201001210344j:plain

f:id:CheatCut:20201001210654j:plain

f:id:CheatCut:20201001210718j:plain

f:id:CheatCut:20201001210742j:plain

f:id:CheatCut:20201001210939j:plain

f:id:CheatCut:20201001210947j:plain

f:id:CheatCut:20201001210951j:plain

f:id:CheatCut:20201001211406j:plain

f:id:CheatCut:20201001211346j:plain

f:id:CheatCut:20201001211321j:plain

f:id:CheatCut:20201001211207j:plain

f:id:CheatCut:20201001211513j:plain

f:id:CheatCut:20201001210518j:plain

f:id:CheatCut:20201001210528j:plain



一時間ほどいろいろと手に取ってみた後、部屋に戻って風呂に入る。
風呂のシャワーがマッサージにもなって気持ちよかった。

宇佐神宮と別府

あくる日、別府から宇佐神宮へ行く。
一時間に一本程度しかない電車が、一時間に一本しかないバスとまるで連絡していないから、駅で四十分待つことになる。
十分ほど待って、やはり歩くことにした。
徒歩五十分である。
雨が降っている。
特急ではなくて、鈍行で行きたい。そうなると、行ってすぐに戻る感じになる。
誰も歩いていない幹線道路の脇をひたすら歩く。

f:id:CheatCut:20201001200501j:plain

f:id:CheatCut:20201001200515j:plain

f:id:CheatCut:20201001200438j:plain

f:id:CheatCut:20201001201034j:plain



トラックが通るたび、風に煽られる。
なんでこんなことをしているのかわからない。
そろそろバスが来そうで、バス停に着いたから見れば、十二時台に一本もない。
歩くうちに『宇佐神社』と掲げたバスが過ぎてゆく。
次のバス停で見れは、やはりないはずが、よく見たらその時刻表は来月からのものであった。
ちょうど着いたら、もう戻る時間であるが、やはり特急ソニックで行くことにして、参拝をした。

f:id:CheatCut:20201001200902j:plain

f:id:CheatCut:20201001201127j:plain

f:id:CheatCut:20201001201140j:plain

f:id:CheatCut:20201001201243j:plain

f:id:CheatCut:20201001201500j:plain

f:id:CheatCut:20201001201642j:plain

f:id:CheatCut:20201001202138j:plain

f:id:CheatCut:20201001202302j:plain

f:id:CheatCut:20201001202306j:plain

f:id:CheatCut:20201001202311j:plain

f:id:CheatCut:20201001203945j:plain




さらに、摂社であるらしい大尾神社まで行く。
ここは他に人がいない。
急な階段を上り、さらに坂を上ると、鎮座している。

f:id:CheatCut:20201001203047j:plain



その奥にコンクリートの道の向こうに山道がある。

f:id:CheatCut:20201001223336j:plain



散策コースらしいが、いったい、どこまで続いているのかわからない。

f:id:CheatCut:20201001225048j:plain



入ってみると、木が倒れて、路を塞いでいたり、滅多に人が通らぬらしい。

f:id:CheatCut:20201001225111j:plain

f:id:CheatCut:20201001203111j:plain

f:id:CheatCut:20201001203232j:plain

 

f:id:CheatCut:20201001225111j:plain


さらに進むが、路が藪に覆われだしたから、戻った。

f:id:CheatCut:20201001225110j:plain
止まない雨の中、この日初めての食事てある唐揚げを屋台で食べて、バスを待ち、宇佐駅へ。

f:id:CheatCut:20201001203830j:plain

f:id:CheatCut:20201001204111j:plain

 

f:id:CheatCut:20201001204403j:plain

特急ソニック



別府に着いて、ホテルへ行く。

f:id:CheatCut:20201001204304j:plain



通天閣のプロトタイプのような塔が見える。

f:id:CheatCut:20201001204900j:plain

f:id:CheatCut:20201001204645j:plain



別府タワーというらしい。
別府タワーとは、地図で見ていたが、なんとなく高層マンションを思い浮かべていたから意外な気がした。
最近、マンションでタワーと名付けるビルが多い気がする。
ホテルに着いて、荷物を置いて、天丼を食べる。

f:id:CheatCut:20201001204443j:plain

f:id:CheatCut:20201001204431j:plain



雨が降り続く中、歩いて、市場の惣菜屋へ行くが、すでに閉まる間際でめぼしいものがなく、また歩いて、有名なパン屋へ行く。

f:id:CheatCut:20201001204657j:plain



iPhoneの地図を頼りに行くが場所がわからない。地図では目の前のはずがわからず、あきらめて戻る。
温泉に浸かって寝る。

亀川温泉

あくる日、くまもんショップを見て、小泉八雲の旧居跡に行くが、閉まっている。

f:id:CheatCut:20201001194939j:plain

f:id:CheatCut:20201001195151j:plain

f:id:CheatCut:20201001195145j:plain

f:id:CheatCut:20201001195114j:plain



熊本城へ行き、でこぽんと蜂蜜の飲み物を飲む。

f:id:CheatCut:20201001195315j:plain



朝から食べていなかったのと、暑さで余計においしかった。
三百円。
県立美術館へ行くが、閉まっていたから、熊本城を見たり、神社へ行ったりした。

f:id:CheatCut:20201001195319j:plain

f:id:CheatCut:20201001195416j:plain

f:id:CheatCut:20201001195513j:plain

f:id:CheatCut:20201001195532j:plain

f:id:CheatCut:20201001195604j:plain

f:id:CheatCut:20201001195846j:plain

f:id:CheatCut:20201001195934j:plain

f:id:CheatCut:20201001200008j:plain



三時発の九州横断鉄道に乗って、別府へ向かう。

f:id:CheatCut:20201001195944j:plain



往復切符なら往復で七千円少々のところが、予定を立てないから、片道にしたら五千円近くした。
三時間ほど乗って、夜に別府に着いて、そこから亀川駅まで電車で行く。

f:id:CheatCut:20201001195935j:plain



駅前に何もないし、送迎もしない旅館だから、歩く。
雨が降ってきた。
閉店間際のスーパーがあったが、そんなものはあるとは思わなかったから、別府で弁当を買ってしまっていた。
温泉旅館の内装はピンク色っぽくてジャズが流れていた。
荷物を置いて、近くの神社へ行く。そもそも街中でさえすでに人がいないが、神社はまるで人がいない。
山に入っていくような神社で、参道に街燈もない。雨も降っているから、本殿も夜の闇に鎮座している。

f:id:CheatCut:20201001200350j:plain



今まで夜に行った神社で一番暗い気がする。
上まで行くと、振り返ると、町の明かりが見えた。

f:id:CheatCut:20201001200353j:plain



再び、階段を降りて戻るが、振り帰る度胸はないくらい暗かった。
ホテルに戻って、温泉に浸かって、弁当を食べて、また温泉に浸かって寝た。

高千穂峡

あくる日、博多バスターミナルから高速バスに初めて乗った。

f:id:CheatCut:20201001183315j:plain

 




それで熊本へ行く。
夜着いて、昼近くまでホテルにいて、昼にハンバーグを食う。

f:id:CheatCut:20201001183507j:plain

 

f:id:CheatCut:20201001183129j:plain

f:id:CheatCut:20201001183501j:plain


空いていたし、うまかった。お店の人も親切だった。ランチタイムのサービスで、お代わりができたから、珍しく、ごはんとサラダをおかわりした。


また高速バスに乗って、延岡に行く。途中で休憩も入り、長く乗っていた。

f:id:CheatCut:20201001183400j:plain

f:id:CheatCut:20201001183614j:plain

f:id:CheatCut:20201001183518j:plain

f:id:CheatCut:20201001183745j:plain

f:id:CheatCut:20201001183827j:plain

延岡駅の構内には入らなかったが、建物は現代的だった。

駅の近くの山に今山八幡宮があるから、ホテルに荷物を置いて、行く。
まるっきり暗い山であるが、登ってみた。

f:id:CheatCut:20201001183838j:plain

f:id:CheatCut:20201001184016j:plain

f:id:CheatCut:20201001183942j:plain

下りて、スーパーへ行くと、すでに閉店していたから、コンビニに寄ってホテルへ戻った。

あくる日、バスに乗って、高千穂峡へ行く。

f:id:CheatCut:20201001183910j:plain

バス停からの空



くしふる神社という、天孫降臨の場所へ行く。

f:id:CheatCut:20201001184508j:plain

f:id:CheatCut:20201001184659j:plain

天野安河原に行こうと思ってバス停に行くと、バスが行った後で、歩いて行こうと思って歩く。
十分くらい歩くと、あと6.6Kmという案内がある。
少し迷ってやめる。
道路脇に四皇子峯に行くらしい、山に入る階段があるから登ってみる。

f:id:CheatCut:20201001184707j:plain

f:id:CheatCut:20201001184757j:plain

f:id:CheatCut:20201001185206j:plain

f:id:CheatCut:20201001185313j:plain

f:id:CheatCut:20201001185552j:plain

f:id:CheatCut:20201001185631j:plain

f:id:CheatCut:20201001185654j:plain

f:id:CheatCut:20201001185652j:plain



あまり誰も来ないらしく、木が路をふさいでいる。
歩くうちに、またくしふる神社に戻る。
降りて、戻るうちに蕎麦屋の案内がある朝から何も食っていないから行ってみる。

f:id:CheatCut:20201001190711j:plain

f:id:CheatCut:20201001190748j:plain

f:id:CheatCut:20201001185659j:plain

f:id:CheatCut:20201001190048j:plain



入ってみるとただの民家にも見えたが、そこで蕎麦を食う。
十割蕎麦だった。
荒立神社に向かうが参道に向かって車がやたらと向うから寸前で脇の山道に入るが、歩いているうちに戻ってしまった。
高千穂の町を歩いて、高千穂神社へ行く。

f:id:CheatCut:20201001190755j:plain

f:id:CheatCut:20201001192502j:plain



f:id:CheatCut:20201001192747j:plain

 

f:id:CheatCut:20201001193304j:plain

f:id:CheatCut:20201001192814j:plain

ここで夜神楽が催される




高千穂神社の裏に入る道を行くと、高千穂峡に通ずる路に出る。

f:id:CheatCut:20201001192900j:plain


急な階段を降りる。

峡谷に降りるわけだから、崖のような感じがする。

f:id:CheatCut:20201001193301j:plain

f:id:CheatCut:20201001193137j:plain

f:id:CheatCut:20201001193552j:plain

f:id:CheatCut:20201001193749j:plain

f:id:CheatCut:20201001193800j:plain

f:id:CheatCut:20201001194006j:plain



f:id:CheatCut:20201001194156j:plain

f:id:CheatCut:20201001194259j:plain

f:id:CheatCut:20201001194803j:plain

f:id:CheatCut:20201001194027j:plain

f:id:CheatCut:20201001194156j:plain

 

f:id:CheatCut:20201001194502j:plain

f:id:CheatCut:20201001194509j:plain

f:id:CheatCut:20201001194654j:plain





やがて、通常の観光客が高千穂峡を観光するために来る場所に出る。

そこまで行って又ひき返し、再び高千穂神社へ戻り、バスで熊本に行った。

f:id:CheatCut:20201001194626j:plain

f:id:CheatCut:20201001194835j:plain

夜にちゃんぽんを食って、ホテルへ戻った。

チェーン店だが、うまかった。空いていたし。

九州国立博物館

あくる日、電車を乗り継いで九州国立博物館へ行く。

f:id:CheatCut:20201001175238j:plain

f:id:CheatCut:20201001175409j:plain

f:id:CheatCut:20201001175416j:plain

f:id:CheatCut:20201001175433j:plain

f:id:CheatCut:20201001175533j:plain

f:id:CheatCut:20201001175654j:plain

f:id:CheatCut:20201001175613j:plain

f:id:CheatCut:20201001175755j:plain

f:id:CheatCut:20201001175846j:plain

f:id:CheatCut:20201001180004j:plain












着いたのが三時過ぎで、展示品を見ているうちに、この規模の博物館を二時間で見られそうにないことに気付き、鎌倉時代から足早に見たが、展示はほぼ四階部分だけだった。
閉館まで三十分あるから、一回の本来は、ワークショップなどを行う場所を見る。

f:id:CheatCut:20201001180630j:plain

f:id:CheatCut:20201001180516j:plain

f:id:CheatCut:20201001180330j:plain

f:id:CheatCut:20201001180257j:plain

f:id:CheatCut:20201001180151j:plain

f:id:CheatCut:20201001180131j:plain

f:id:CheatCut:20201001180130j:plain

f:id:CheatCut:20201001180041j:plain

 

f:id:CheatCut:20201001180439j:plain

f:id:CheatCut:20201001180903j:plain

f:id:CheatCut:20201001180927j:plain

f:id:CheatCut:20201001180842j:plain

f:id:CheatCut:20201001181036j:plain

f:id:CheatCut:20201001181219j:plain

 

f:id:CheatCut:20201001181432j:plain

f:id:CheatCut:20201001181656j:plain

f:id:CheatCut:20201001181843j:plain

f:id:CheatCut:20201001181656j:plain

f:id:CheatCut:20201001181843j:plain

f:id:CheatCut:20201001182033j:plain

f:id:CheatCut:20201001181942j:plain

f:id:CheatCut:20201001182109j:plain




















出て、太宰府天満宮にお参りをして、参道の店で餅を買う。

f:id:CheatCut:20201001181333j:plain

f:id:CheatCut:20201001181646j:plain

 

f:id:CheatCut:20201001182141j:plain




博多に行って、晩飯に天ぷらひらおに向かうが、道がわからず、歩いていると、うどん屋に出る。
メニューを見て、別のところに行こうとすると、通行人が『うどんの和助おいしいよ』とすれ違いざまに言うから、戻ってはいる。

f:id:CheatCut:20201001182418j:plain

f:id:CheatCut:20201001182342j:plain

f:id:CheatCut:20201001182209j:plain

f:id:CheatCut:20201001182422j:plain




ごぼう天うどんを食ったが、うまかった。
今まで食ったうどんで一番うまかったといっても差支えがない。
地下鉄でホテルに行って荷物を置いてから、住吉神社櫛田神社へ行く。

f:id:CheatCut:20201001182705j:plain

f:id:CheatCut:20201001182711j:plain

f:id:CheatCut:20201001182721j:plain

f:id:CheatCut:20201001182755j:plain

f:id:CheatCut:20201001182825j:plain

f:id:CheatCut:20201001182826j:plain

f:id:CheatCut:20201001183027j:plain

f:id:CheatCut:20201001183051j:plain

f:id:CheatCut:20201001183127j:plain

f:id:CheatCut:20201001183152j:plain

夜でもとりあえず境内は入れる。