CheatCut

noise&randomness

小説的就活法

履歴書やエントリーシートをどう書いていいのか。という事はありますね。
私は自分では描いた事は少ないんですが、小説は書くんですよ。
で、小説を書くときに、どうしているかというと、自分の廻りに漂っている言葉を片っ端から紙の上に起こしてゆくという事をしています。
それで、キャラクターや世界観が形になってゆくという事をしています。
就活は、見ず知らずの会社の人に自分をわかってもらうための行為ですよね。
それなら、自分の性質を自分で話せるように、言葉に変換しくちゃならない。
自分がどういう世界観で生きているのか。それは、自分がふだん、どのようなつもりで生きているのか。それを示すことなんですね。
こういう世界に、こういうキャラがいれば、こう動くだろう。こういうだろう。
それと同じで、こういう人なら、こういう仕事ぶりをするだろう。
就活ってのは、自分と、会社をリンクさせるわけなんですよ。リンクしていないのに行と、「何でまた」とか言われてしまいます。経験済みです。

行動原理をどのように確立していくか。これは、自分に嘘をつかない。という事です。好き嫌いをごまかさない。外に出すときには配慮が入りますが。好き嫌いをごまかさない。はっきりさせなくてもいいですが。

outputされたもの(情報)は、自分の事を書いていようが、事務的な事だろうが、既にmedia化されたものである。

自己PRですよ。しなくちゃならないんですがね。
本当は、普段からやっておくといいんですよ。
作家ってのは依頼されていなくても書いてしまいます。対象がなくても。
もちろん、「食ってゆくために」という作家も多いんですが、それはそれでプロフェッショナルですが、そう言う人も書かずにはすまないと思います。
それと同じで、自分をPRするという事も、普段からチャンスと思えばしておく。
自分はこういう考えで、こういうことをしてみた。で、今は、これをしてみたい。
で、自分をPRしてゆくと、コツがわかってきます。これは、皆喜んで聞いてくれる。これは、引く。こういう感じの人は、こういう話に乗って来るな。とか。
慣れですね。

小説の一つの仕事も、頭だけで考えるわけではなく、取材をし、価値を見出し、最後に新たな表現でまとめる。ということをします。物事を分析してから、統合する。

普段からの慣れですね。普段から慣らしておいて、ESに書く。と。
で、みんな、すべて、本当の事を書かなくちゃと思って、書きづらくなる人がいるみたいですか、完璧に正確じゃなくていいんですよ。
というか、完璧に正確な記述とか存在しませんから。
何かの状況を文字にした時点で、フィクションが混ざらずにはすまないんですよ。
これは、世界の法則です。
遠慮せずに書きましょう。
ESに「私」と書きますよね。
書いた時点で、その「私」は、私から離れたフィクションの存在なんですよ。

ストーリーを作った時点で、それはフィクション。
人に見せるわけですから。
料理をしないと。
料理だって、素材に手を加えるから価値が出るんですよ。

書いた自分と書かれた自分というのではなくて、紙に書いた「私」は、他人に見せるための「私」なんですよ。


自分も見せる時は、整えるものです。伝えたいと思うことを料理して出すということです。

常套句から逃れないと。


実際に書くにあたって

小説でも漫画でも登場人物を決めたら、「キャラクター作り」を行う。
例えば、17歳の高校生。名前。住んでいる場。などを決めたら、行動も考える。例えば、駅前で好きな人にあった時にどういう行動をするのか。好きな食べ物を前にしたときどういう表情をするのか。そういう細かい所を100個くらい考える。そうしてから、ストーリーに入れ込む。
リアルでも「キャラをつくる」などと言って、自分がどういう人物であるかを自ら規定することがありますね。
自分が分からなくなったら、自分の「設定」を作ってみるのはどうでしょうか。

書きづらいという人は、自己PRもレイアウトから考えてみたらどうでしょう。レイアウトが決まっている文章の書き方というものがあって。まず、最後を決める。それは、自分が一番言いたいこと。それを決めたら、それはなぜか。さらにそれはなぜかという具合に書いていく。
たいてい、志望動機が一番上にあって、大学時代に頑張ったこと、長所短所と来て、自己PRと来るけど、これは、テストと同じで、書きやすいものから書いていけばいいんです。あとはそれと矛盾しないよう、さらには、それとリンクできるよう、つまりは、相互に補えるように書いていく。
後は、「てにをは」、それと、日本語の語感としておかしくないか。それと、ネガティブな言葉をポジティブに変えてゆく。
どうしても、ネガティブなことも書く場合もあるでしょう。人間ですからね。便利な言葉ですね。「人間ですから」
ま、言葉を変えればいい。という事です。視点を変えて、別の言葉であらわして、ネガティブなんだけれど、それはそれで魅力的だよね。って思わせる言葉に変えてしまうんですよ。編集です。

同じ人の同じ行動でも、「礼儀正しい」と言えたり、「優しい」とも言えたりする。相手がより笑顔になるには、どちらの言葉を選べばいいのでしょうか。ということです。

そうやって書いて、最後の方は、字数の関係で、少し飛躍した書き方になるかもしれないですね。でも、それはそれで、読む方が一瞬止まるから効果的。なにしろ、あなたのほかにも大量に読んでいるのだから、最初から最後まで滑らかに行ってしまえば、響かないこともある。最後に書いた事がまたはじめにつながるような書き方をすれば、これは、デザインの技法になる。反復の技法ですね。例えば、私は、人の役に立つことが好きなのです。と書いたら、始めの方で、大学時代に頑張ったことのエピソードにつながっていくような書き方。

実際の問題

「ありがとう」と言われて一番うれしかった経験は?
思いつかない場合。
例えば、直接その言葉を言われたわけではないけれど、本質が伝わるものならいいと思います。私の場合、なんでデザインをがんばりはじめたかと言えば、前に知り合いにポスターを頼まれて、その時、少しだけ伝わりやすさを考えて作っていたんだけれど、それを完成させてみせた時にその人が花が開くような笑顔になって、それはとてもうれしかった、その笑顔をまた見たいからデザインを勉強し始めたというのがある。
それは、直接ありがとうの言葉ではないけれど、よろこびを受け取ってさ、それが自分をやる気にさせたターニング・ポイントとなったわけだから、そういうのでもいいんじゃない。
または、何かのやり方を説明してあげて、それが楽しかった。それは、自分の気持ちや自分の事をわかってもらいたいということではなく、世界の仕組みをわかってほしいということ。
そんな感じで。

言葉を増やす

自分を表現するためには、言葉を増やさないといけません。普通の人は。
でも、言葉は自然とは生じません。本を読んだり、人と話したりして、自分の言葉の素(もと)を仕入れてくるんですよ。高級な粽をいただいて、普段自分が食っているのが食事でなく、食餌ということがわかるのと似ていますね。
「学問の楽しみ」よりも、教養がある人との会話の楽しみを。「学者になるための知識」ではなく、「仕事相手との会話のための知識」を。

自己発見とかやるでしょ。あせることはないんです。
人は一生かかって、自分を決定づけるんですよ。自己発見なんて、やりきれるはずがない。常に過渡期にある自分を意識するってことなんです。
文学的に自己を知るということをとらえれば、自分を肯定することに他りませんが。
ゼミでもサークルでも何をやってきたのか聞かれるのは、そこで自分が何をして、何ができて、なにがむずかしかったのか、分析できているかを聞いているんじゃないのかな。

分析の能力も仕事には必要ですからね。

自己分析しているときには、自分を否定しない方がいいですよ。自分を否定する度に、それを片っ端から取っ払う。論理的に、感覚的に。さらに、それを魅力として示してやる。言葉を変えたり、たとえ話をしたり。

就活は義務ではない。就活程度を義務でやる程度の自由しか持っていないのなら、仕事も結婚生活もやがて義務だらけになる。そしてそれはあなたに似合いません。

そもそも、就職というのは、卒業した自分が四月から何をしたいのか。どういう状態でいたいのか。
それを探りながら決めてゆく活動なんですよ。

皆、二十歳くらいの今の自分が「完成形」と思っている。だから、一般職だのIターンだのやりたがるけど、あせらずに。楽な仕事で自分の様子を見るというのも、一つの手なのかもしれませんが。

教養についてですが、同期でも同じレベルとは限らない。本を読んでまともなトークをしないと、脳は成長しません。21歳で成長しきってるわけではないんです。記憶力の問題を言っているんじゃない。脳の構造は日々変わって行く。いつもやっていることに特化していきます。
人は、やりたいこととやりたくないことを両方やって、初めてやりたいことを知るんですよ。これも経験済みです。そこからですよ。スタートは、それまでは人生の下ごしらえなんですよ。

今、自分が何をしたいのか。どういう場所にいたいのか。みんなの場合は、一年後だよね。一年後に自分がどういう人間になっていたいのか。どういう場所にいたいのか。どういう場所で、どういうことをしてみたいのか。そのためには、今の自分、普段、何を見て、何に興味があって、何に向っているのか、それを把握してみると。

面接

面接は、英語でinterviewですね。

そうなると、どうしても「受け答え」という感じになりがちです。

質問されて、答える。

そのパターンになりがちです。

コミュニケーションの根本は「好きな人から認めて貰いたい」ですからね。

人事の人も受け答えを聞きたいのではなくて、あなたとトークがしたいんですよ。

interviewは、inter、viewですね。内面を見えるようにするということです。

そこで、伝わるように自分を整えた上でPRをする。と。

人事の人は、「この人と仕事ができるか」を見ているんです。

 互いに、言葉と行為を示し合い、受け取ったもので、そのつど自分の考えを微調整していくのがcommunicationであり、相互に人格を承認するという事ですから。

仕事はそういうものです。

誰かと話すのは誰かと何かを始めるための第一歩 なんですよ。

人事の人も、普通の人ですからね。ぜひ、口実を与えてあげてください。

上司に「この人は採用した方がいいですよ」と言える口実を。

就活の間はね。会社のためというのをPRするわけですけど、結局は、会社の為じゃなくて、自分のために働くんですよ。そうじゃないと、いくら楽しくても、仕事を辞めた後に虚無状態になります。これは経験済みです。

ほとんどの人は労働なんてしたくないんですよ。

でも、人間が農耕を始めた時点、もっと言えば、石器などの道具を作り始めた時点で、労働が始まってしまいました。未来と引き換えに。

先の事を考えるようになってしまった人間は、同時に不安も抱えるようになりました。不安を消したければ、将来を消すしかない。

ホピ族というネイティブアメリカンの言語は未来形がないらしいですね。

未来の取引をしないそうです。

それはそれとして、皆、のんびり自由にしていたいんでしょうけど、「自由な行為;acting freely」と「行為の自由:freedom to act」という言い方がありまして、自由気ままにしていたら、選択肢が減りますよ。という話です。

就活からして、想い道理に行く人はまれです。仕事もやな字です。

人間の能力は、立ち上がれるということ。しかも、立ち上がった時に何かをつかんでいるということ。それですね。

最後に、一番大事なこと。

自分を魅力的だと思いなはれ。

もうひとつ。

願いは意外と叶います。

願い事は慎重に。自分が今、何を願って動いているのかは、常に意識しないと。自分の根幹を崩すような願いをしていないかどうか。

 

 

どこに在籍するかのほうが何を学ぶ何をやるより大事。

 

誰かに見せるものであれば、フィクションという意識で書いた方が伝わりやすいと思います。たとえESでさえ。

 

書いた時点で、その言葉は自分から離れてゆく。

 

書くに際しても、話すに際しても優しさは必要なのです。人の際に接する行為なのですから。

 

就活とは、職業選択の自由の行使。その自由は権利ということ。せっかく与えられた自由を行使できる実力が、四年までについているか。就活とは、職業選択の自由の行使。その自由は権利ということ。せっかく与えられた自由を行使できる実力が、四年までについているか。自分を納得させる必要はない。自分がやりたいことに理由が必要か。逆に仕方なくしている行動には、いちいち理由をつけているだろう。自由というのは、本気を出せる自由を持っているのか。本気の出し方なんて、放っておけば忘れてしまう。
本気を出せる人は自由。自由な人はかっこいい。人生に飛び込めばいいんだよ。あなたは二十二年間の旅で何をしてきたか。五十歳を過ぎると、先行きを考える。なら、その考えで今からやれるだろう。
やりたくないのならやめればいい。ただその自由を行使した後、自由は減る可能性が高い。それなら、飛び込んで浮上してみせる。自分にも情況にも溺れずに浮上して見せろ。おきてがなくなれば、支えるものがなくなるから堕ちるに決まっている。「あの人には職業というものがない。あるのは天職のみ」
最後PRから書いていく。それではじめに戻れるような書き方。
先生がとか、設備がとかじゃなくて、あなたはどうなの、本人を示すのがひとつの広告。
私を恐れるというのは、混乱カオスを恐れているということ。破壊しなければ再生はない。生活のこと、何をいつ買うだの、夏は暑いからうんぬんだの、そうではなく、大切な人のことを考えていけばそれだけ。後悔はしない。自分の意志を否定することだから。しくじったと思っても自分の勘を信じる。自分から動かず、人の依頼から始める。皆と同じことを言っていては価値がない。根本の理由が「楽しいから」になれるか。
1. 自分を知る。自分の過去を自分のいいように変える。自分が何でここにいるのか、それをやったのがすべて説明できなくてはならない。2. 相手を知る。大きな看板を掲げているところでも、必ず隙はある。自分の入り込める隙はある。その隙とは、自分と相手をLINKさせる隙。会社と自分をどうlinkさせるか。

Who are you? Why are you here,today?How can you relate to the audience?What’s your desired result?
相手との関連における自分。見た目もきれいに並べているか。重要なものは時間をかける。Comesfirst組織は、自分を高められる人を求めている。自らの力で、ふつうはめげそうなのにめげない人を。めげそうなことがあって、どうやってそれを乗り越えたのか。自分というこのプレゼンの登場人物を造形する。説明ではなく、episodeで。なぜ自分がここにいるのかのプレゼン料理と同じように、今までの自分も作る。自分が何をしたいのかは、今の自分がどのような敬意で成り立っているか。自分を魅力的に思うからこそ、人もそう思う。自分の能力をしめすだけでは、人はねたむ。その能力でどんどん仕事をしていけばいい。自分のため、というときの自分というのは、固体としての自分ではない。今の自分を形成しているのは、自分と自分の大切な人々、この人たちのために、何をしたらいいのか。何をしたらいいのかというのは、イコール何をしたら楽しくなるのか、ということ。気力は、「この人と仕事がしたい」「必ず助けてやる」言葉を大切に扱うからこそ、味方になってくれる。とまっている気持ちを動かすため。ただ、忙しく、ゼミの仕事をこなしていては、成長もないし、疲れるだけ。そのなかでどう自分をPRして、自分がどう仕事をしていたのか。すべてを関連付けられなくてはならない。関連性がないのは喜劇。決まり文句や慣用句を言うのは、情況を甘く見ている。他人のために生きるということと、他人に合わせて生きるということは違う。Coolで熱い性格。はしゃがなくていい。他人に自分が喜んでいることを示し過ぎなくていい。Cool beautyなんだけど、熱い性格。実はマインドで動く。ほめられて、「やったあ」とか、半端なガッツポーズは、君には似合わない。私に対して演技をするな。すぐに要点を始める。普段からプレゼンのつもりで。
面接に行く前に、その会社のWEBを見てイメージトレーニング。その組織の一員になったつもりで行く。
学生と一口に言っても、内容、やることはいろいろある。学生時代にしてきたこと。
得意なもの→ではこの得意なものは、何の職業なのか。→私はこういうことが得意でした。そこで、こういう職に就こうと重い、御社のこういうところに共感しました。仕事を選ぶ→会社を選ぶ。演技してまで入ったら、入社後はもっと演技がいる。自分を示して受け入れてくれるところに行く。自分の世界を遠慮なく示して、それを受け入れてくれる場所に行けばいい。とはいえ、事前準備は徹底している。
「正解」を示そうとしたら偏差値の高いのにかなうはずがない。人と違うことを示す。日常的にオーディションのつもりで。友達と話すときでさえ、本気で話す。相手のことを考えて、まとまった話を示す。五分も続けられない話はせぬほうがいい。逆に言えば、五文は話せるようにしておく。趣味は何ですか。一言で終えない。三分は続ける。なぜ聞いてくるのか。相手は意気投合のきっかけを探っている。あくまでもきっかけだから、そこから話を進展させないといけない。エンタメ業界はプロジェクトを進展させ続けるわけ。その場の話のひとつも進展させられないようでどうする。自分は、身の回りのことを、つい、企画や商品化に持って行ってしまう。「流行を調査するのがすき」→「人が何に対して興味を持っているのか知りたい」→あのひとは、どういうことでああいう服をきているのか、とか考えてしまう。「副部長としてサポートしていた」→「部長が出した企画を、実際に運営していました。部員一人ひとりを見て、すすめられないところは、サポートしました」うまく行かなかったこと、もしくはこういうことをしました。しかし、今も研究し続け、今ならもっとよくできます。とにかく、自分を表現する言葉を選び抜く。ネガティブな言葉は一切使わない。ポジティブな言葉に代える練習をつむ。
やっていいことがわからなかったとき、とにかく、自分の今までやってきたことで、好きなことを掛け合わせることを考えた。
何かの習得をprするのはよい。しかし、習得して、自分がどうかわったか、何がスムーズに行くようになったのか、つまりは、どのように世界とのかかわりにおける自分の便利ツールになったのか、なんの役に立ったのかを具体的に描く。物語として。
オンオフは、いまやオンラインとオフラインのこと。そして、オフラインと言う現実が重要になってくる。
一緒に仕事をやろうという雰囲気を出す。
職場環境を把握する。業界の動向を知らなくてはいけない。
教養、同期でも同じレベルとは限らない。本を読んでまともなトークをしないと、脳は成長しない。二十一歳で成長しきっていると思ってるの。記憶力の問題を言っているんじゃない。構造は日々変わって行く。いつもやっていることに特化していく。専業主婦の危険性。動物園の霊長類。

専門は何ですか。文学ですか。民俗学ですか。切り口。何をベースにまとめるのか。

 

 

自分探しのtitle「そんなネタが自分に」

恐れというより、照れない。恥ずかしがらない。

視野が狭まっていると感じたら、高めてみる。背伸びするのではなく、背筋を伸ばしてみる。
自分の何を知ってもらいたいか。という事は、自分がどの様なスタイルを取りたいか。と同義。自他の意識の区別。
遠慮や憚りではなく、そこにあったのは意志そのもの。
自分の思考でさえ、他者の言葉から始まる。「だからこそ、二行目が大事になる」
君のための扉を開けるのはキミしかいない。(キミのための)この扉はキミが開けるためにある。
読みやすさを軽視しない。

「私」と書いたとたんに、その書かれた私は既に私ではない。


カミュ
自己を知るということは、自己を肯定することだ。

 


夢って、何かになりたいというのではなく、それを通じて、楽しく、しかもまともな扱いを受けられる生活をするという事だろう。
自分の人生をどこかにやってしまうようなことを強いる夢はそもそも夢ではない。

 

自分が向いていること、好きなことを恥ずかしがらずに手にする。

 

自分が向いていること、好きなことを恥ずかしがらずに手にする。


「自己観察は、いかなる観念をも落ち着かせず、どれもこれも狩りたて、そのためそれ自身が、観念として、あらたな自己観察によって狩りたてられるという結果になるのだ。396」カフカ

 

場がすべて。
自分が明るくなれる場がいい。
ひとは、自信がすべて。
仕事の内容やスキルが身につくとか、将来の事ではない。
自分が明るく、自信がつくから、人脈がよくなるわけ。
プライド高いんだから。プライドは、自信ってことだよ。

 

どれだけ塗ろうが色の付かなかったキャンバスにも、やがて少しずつ色がついて来る日がくるでしょう。
絵の具がなければ、墨の濃淡で色を表わしたっていいのです。
いよいよ、自分の進路を決める時が近づいていますが、自分の道は、自分でしっかりと確保したいものです。

 

表現するということは、どういうことでしょうか。
自分の考えを伝えるには、頭の中にある言葉をそのまま伝えても伝わりません。
言葉を選び、足らないことは調べ、研究し、まとめ方も工夫した上で伝える。
自分の思いを表現するのが創造性であるわけでして、表現は、自分と他者との境を見据え、やがては自分を解放するということと考えています。

 

就職面接も一つのプレゼンです。
このようなプレゼンは何より、自分が話したいことを話す。
これに尽きると思います。
そのためには、日々、自分の気持ちを丁寧に見てあげることだと思います。

 

とにかく自分をPRする。
アピールではなく。
自分をPRしまくることで自分を知ってもらう。
人は知らない人を恐れる。
職場でしっとする人は、仲良くなりきれていない人、知らない人が多い。

ふだんから良く話し、自分をPRすれば、相手も自分にふぃーどばっくをしてくれる。
『注意』というかたちにならないから、相手も気軽だし、自分も反撥したり、落ち込むことはない。

これは面接でも同じであるが、一言二言ではなく、何らかのエピソードで話すと、人は不思議と納得してしまうのである。
なぜかと言えば、人は、ストーリーに慣れすぎて、ストーニーを聞くと、納得するように頭ができてしまっているためである。

短所を話す場合は、ただ述べるだけではなく、そういう短所があるので自分はこういう行動を心がけています、と言うような話し方をする。
たとえば、昔は、時間ピッタリに来るのが苦手だったために、30分前行動を心がけています。


メラビアンの法則
第一印象がどんな要素で決まるのかは、まず視覚情報で次が話しぶりや声の質。
内容はほとんど関係がない。


してきたことを通じて、なにを悦びと考え、なにをつらいと考えるのか、それを知るのが自己PR。

周りからどのような人と思われているのか。どのようなコミュニケー職、ひととのかかわりあいをするのか。
自分の性格を表す行動や習慣。
大学生活で何を最も大切にしてきたのか。
アルバイトなどを含めて得たものは何か。
自分がその場にどのような影響を与えたのか。

現在、何に興味があるのか。
長く続けている事柄は何か。
最近、良かったと思う出来事。

志望動機には、仕事に対するものと、会社に対するものがある。

・その仕事だからこそ、自分の性格や能力が向いている。
・その会社だからこそ、自分のようなキャラクターの人間が場になじめ、力をはっきりできる。
ほかの会社に比べてどのようなところが魅力的なのか。
実際にそこの会社の人を見たり、聞いたりした経験を話す。

目指しているところ、課題、魅力を知る。
これは自分もそうだし、受けようとする会社も同じ。

面接は、自分の魅力を示すプレゼン。
と言うよりも、接待と言うか、トークにまで持ち込めたら、たぶんそこは受かる。
自分の価値、といわず、自分の魅力と言う。頭の中では。

結論から話すと、簡潔に述べることができる。
数をいれて、具体的に。

できないことも、できるようになる環境を持っていることを伝える。


面接でなにを話しているのかと言えば、過去から未来へつなぐ話をしている。
未来へ投げかれられたプロジェクト、ともに仕事をする相手を探している。

副詞は使わない。
形容詞も削る。
体言止めは一か所だけ。

 

やっぱり、普段何を考えているかが顔に出てくるから、あまりに物欲とか優越感に浸るための仕事は、ふさわしくないと思う。
何事も、ほどほどで自分にとっての普通とは何かを考えて選ぶ。

 

欲望のためにお金を稼ぐというのは、本末転倒であり、何より続けられるものが一番成長になるし、結局は稼げる。

 

どちらの仕事にしようか迷ったら、両方エントリーしてみる。
ある程度は自分で選んで、あとは決めてもらうのも一つの手。

 

いくら理想の自分を設定したところで、現実の自分がついてこなければ仕方ない。

そもそも『理想の自分』と言ったところで、しょせんは周りに影響された姿でしかないことが多い。


自分が素直になれるところに行くといい。
反撥や受け狙いで進路を決めるべきではない。
それは、自分ではなく、他人の事を考えているから。
自分の正当性の主張のために、進路を決めるなんてもったいない。

 

とにかく、面接で盛り上がらないものは、少なくとも笑いの一つもないような所はやめた方がいいよ。

何より重要なのは、誰と仕事をするかだよ。

 

迷ったら自分の顔を見て決めのも一つの手である。
その職業にいそうな顔をしているのか。
顔は、その人の性格や思考が現れているから、自分の顔を見て仕事を決めることはあながち間違いとも言い切れまい。

 

『結果がわかっていることをやるのが悪だ』と言う話を何かで読んだことがある。

できそうなことをして、自信を持ちながら仕事をするのも手ではあるが、難しそうなことに挑戦するのもまた楽しいものではないか。

人間関係は一度崩れたら立て直しが難しいが、仕事はある程度の挑戦や背伸びはむしろ歓迎される場合も少なくない。